青磁野イベントブログ

せいじのブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

秋の新人リフレッシュ研修会

9月17日(土)13:30~17:00、当院カームガーデン(多目的ホール)において、

秋の新人リフレッシュ研修を開催しました
4月1日の入職者を中心に25名の職員が参加しました
 


第1部:理事長、院長講話

 新人の頃の体験談や、新入職員にどのような職員になってほしいか、
 これからどうがんばっていけばいいか等、話をしていただきました
IMG_0024
IMG_0028
 普段あまり聞くことのできない、貴重なお話を聞くことができました



 第2部 テーマ「みんなで前に進もう

 先輩たちの体験談
 看護師、理学療法士、介護福祉士の3名の先輩に
 入職してから今までの体験談を語ってもらいました

IMG_0034
 

 グループワーク
 5つのグループに別れ、意見交換をしました
 入職してから今まで、できるようになったこと、不安に思っていること、
 今後の目標など、意見を出し合いました

IMG_0043
IMG_0046
IMG_0048
IMG_0049
 話が進むにつれて、どのグループも緊張がほぐれ、
 リラックスした雰囲気で話していました



 話し合った後でグループごとに意見をまとめ、
 各グループの代表者に発表してもらいました

 IMG_0057
IMG_0059
 みんながどういうことに悩んでいるのか、がんばっているのか知ることができてよかった
 これからの業務に活かしていきたい、等の
意見がありました


 仲間と不安や悩みを共有し、リフレッシュする良い機会になったと思います

 今年は4月に震災があり、新人職員にとっても色々と大変なこともありましたが、
 その分、団結して取り組む力を身に付けることができたと思います
 
これからもみんなで力を合わせてがんばっていきましょう



「調理技術コンテスト」に参加しました。

当院の食事サービスを提供している日清医療食品(株)のスタッフさんが、

8月26日、福岡の中村学園内にて行われた日本メディカル給食協会主催の

第12回治療食等献立・調理技術コンテストに出場され、

見事、厚生労働大臣賞を受賞されました


その時の様子を教えていただきました


『日本メディカル給食協会は、医療機関、介護・福祉施設で給食を提供している企業が集まった協会です。

その協会が主催するこのコンテストは2年に1度開催され、給食界の甲子園とも言われています。


治療食部門、一般食部門、行事食部門の3部門に分かれており、一次審査で、献立の栄養量や食材の価格、

工夫やアイディア、普及性など、厳しい審査の点数が上位だった総勢20社が全国から集結し、4人1組で競い合います。


今回は治療食部門に参加しました。
治療食部門のテーマは『エネルギーコントロール食~心も体も満足~』。

患者様に寄り添った献立、見た目にも治療食を感じさせない工夫を施し、本番に臨み戦ってきました


開始の合図とともに、一斉に調理に取り掛かります。

制限時間は150分

限られた時間の中で、朝食、昼食、夕食を、見た目にも美しく、美味しく、

繊細ながらもスピーディーに仕上げていきます。


衛生面、見た目、味などと献立のコンセプトをふまえたプレゼンの総合点により、順位が決まります。

そして、今回の大会で栄えある第1位厚生労働大臣賞を受賞することができました。


この優勝を自信につなげて、患者様に満足頂ける安全で安心を心がけ、

日々の食事提供にも全力で取り組んでいきたいと改めて思いました


1


栄えある受賞おめでとうございます

これからも美味しい食事提供をよろしくお願いします


リハビリテーション部門紹介~歯科衛生士部門の巻~

今回は、リハビリテーション部の歯科衛生部門について紹介します

1
「私たち、お口の平和を守り隊!!」
普段、患者様に食事や会話を楽しんで頂けるように、口腔ケアを行っています


2
口の中を清潔に保つことは、肺炎の予防にもつながります
また、必要に応じて地域の歯医者さんに往診に来ていただくこともあります


ここでクイズです
皆さんはこれが何に使うものかご存知ですか?
3
右の道具はスポンジブラシといいます。
うがいが困難な方でも、歯ぐきや歯に付いた物をきれいにふき取ることが出来ます
左の道具は義歯ブラシといい、入れ歯を磨くためのブラシです
実際に自分の入れ歯を磨いている方もいらっしゃいます。

4
患者様に合った口腔ケアや入れ歯装着の方法をスタッフ間で共有するのも大切な仕事です
入れ歯のはめ方が良いと、踏ん張りが利きやすく、転倒予防やリハビリの効率アップにも繋がります

病院にいる歯科衛生士だからこそ出来ることを精一杯行っていきます

QRコード
QRコード