青磁野イベントブログ

せいじのブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

よかばい体操!

当院リハビリテーション部が考案した「よかばい体操」が
くまもと元気くらぶ市が推奨する運動」に認められました


※くまもと元気くらぶとは?
介護予防を目的として、「住民主体」「身近な場所」に集まり、「仲間と一緒」に、
「運動を取り入れた活動」「継続的」に取り組む地域の高齢者のグループのこと(熊本市HPより転載)
詳しくは
こちら


熊本市で『くまもと元気くらぶ』が発足し、「地元熊本ならではの体操を作りたい!」という熱い想いで作り上げた体操です

①運動の効果をしっかりと出すこと
②地域の皆さんが気軽に楽しく実施できること

この2つを目的に試行錯誤の末、完成させた体操です。
今回は画像で紹介させていただきますので、クリックしてご覧ください


・ストレッチ
スライド1



・座位体操
スライド2


・立位体操
スライド3


・リズム体操
スライド4



いかがでしたか?
サンバおてもやんにノって体操したくなったでしょう
この体操を一緒に踊って熊本の皆様がもっと元気になっていただけるよう私たち青磁野リハビリテーション病院も願っています

平成30年度春季 病院対抗バドミントン大会!!

4月30日(月・振休)、
第44回春季熊本県病院対抗バドミントン大会
「玉名総合体育館」にて開催されました
image1

全61チームが出場する中、
金澤会のバドミントン同好会『トントンサークル』
Cクラス(出場25チーム)に出場して、善戦

image2
予選リーグで2勝1敗と惜しくも決勝リーグ進出は逃しましたが、
来年こそは優勝と新たな闘志を燃やしています

第6回せいじのわくわく健康塾を開催しました!

平成30年4月21日(土)14:00~15:30当院において
『第6回せいじのわくわく健康塾』を開催しました。

IMG_3407
今回のテーマは、脳 卒 中 

第1部は、
『専門医に学ぶ脳卒中の予防と治療について』 
  当院 リハビリテーション科 大田 和貴 医師  
より話をしました
IMG_3413
脳 卒 中とは・・・
突然生じた脳の血管の血流障害によって、急に手足がしびれたり、動かなくなったり、
言葉が離せなくなったり、あるいは意識がなくなったりする発作のことです。
いくつかの種類があり、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞」
脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」に分けられます。

脳卒中予防には・・・
血圧コントロール禁煙食事運動 に気を付けることが大切です

脳卒中発症のポイントは・・・
片側の手足に力が入らない、言語障害、歩行困難、視野の半分が欠ける、激しい頭痛等・・・

脳卒中が疑われる時は、救急車を呼びましょう!!
素早い対応が命を守り、後遺症を減らします
IMG_3414


第2部は、
今日から始める節塩習慣!』について、
臨床栄養科 村上 晶子 管理栄養士
より話をしました
IMG_3420
脳卒中予防には、血圧コントロールのための節塩が重要です

節塩するには・・・
・新鮮な食品・季節の食品を活用して減塩を行う
・旨味のある食材(昆布やかつお節等)を使う
・加工食品の食塩含有量を知って使いましょう


などがあります。
また、献立を煮魚から焼魚に変える、干物から生の食材に変える
ことで節塩することができます

日頃から少しづつ変えていくことで、節塩習慣がついてくると思います
皆さんもどうぞ今日から始めてみてはいかがでしょうか
今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました

QRコード
QRコード