青磁野イベントブログ

せいじのブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

風向変更ダクトが設置されました!

当院屋上に風向変更ダクトが設置されました
当院屋上には冷却塔が設置されており、その冷却塔から出る水しぶきが、
近隣の方々にご迷惑をおかけしていました
それを抑えるためのものが風向変更ダクトです


※冷却塔(クーリングタワー)とは・・・
院内冷暖房設備である冷凍機に使われる冷却水を冷却する為の装置です。

IMG_3586
導入された風向変更ダクトは直径3m程で、間近でみるとすごい迫力です

IMG_2527
遠目に見ても存在感があります

作業員の方々には、暑い日差しの中、情熱をもって設置していただきました
ありがとうございました

熊本県看護協会長表彰!

平成30年6月23日に看護協会総会が開催され、
「熊本県看護協会長表彰」にて当院の病棟看護師長が表彰されました

この賞は20年以上看護師として勤務し、
特に顕著な功績があったと認められる人が表彰されるものです。

IMG_2558

・高校の看護体験の受け入れ
・中学生職場体験実習の受け入れ
・地域における看護週間
・町の保健室としての役割
・地域住民への健康活動推進
その他多くの活動が評価されました。

私たち職員一同の誇りであり、見本です
おめでとうございました

第7回せいじのわくわく健康塾を開催しました!

平成30年6月23日(土)当院カームガーデン(多目的ホール)にて、
「第7回せいじのわくわく健康塾及び春季ご家族との集い」を開催しました。

今回のテーマは認知症
第1部は、当院 神経内科 安野医師より「認知症について考える」と題し、講演いたしました
IMG_3611

認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたために
様々な障害がおこり、生活する上で支障が出ている状態のことを指します。
認知症の人は、2025年には約700万人にのぼると予想されており、
日本では社会全体で認知症の人を支えることができるよう、認知症について正しく理解し、
対応できる「認知症サポーター」の育成やその活動などに力を入れています。

img01
認知症サポーターは、上記のオレンジリングを手首につけており、
認知症の方へのやさしい対応や支援を差し伸べる存在です


IMG_3618
参加された方からは、多くの質問をいただき、みなさん熱心に勉強されていました


第2部は、当院の健康運動指導士より「認知症予防体操」を行いました
IMG_3620

体を動かしながら計算をする、手をたたくなど、脳と体を同時に使う運動は、
健康を保つだけでなく脳の活動も活発にして、認知機能を向上させると言われています
みなさん楽しみながら運動をされていました

今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました 
次回もお楽しみに~

QRコード
QRコード