青磁野イベントブログ

せいじのブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

秋の新人リフレッシュ研修会

1116()13:3017:00、当院カームガーデン(多目的ホール)において、
秋の新人リフレッシュ研修を開催しました
4月1日の入職者を中心に、20名の職員が参加

第1部 理事長、院長講話
理事長・院長の新人の頃の話や、どのような職員になってほしいか、
これからどうがんばっていけばいいか等、話をしていただきました
IMG_2306

IMG_2314

新入職員からは、
「在宅医療について、家に帰るためには何が必要か考え、
病棟でも在宅に向けての看護ができたらいいと思いました」
「焦る気持ちや落ち込むこともあったけれど、目の前のことを一つ一つ、
精一杯行っていこうと思いました」
といった感想がありました



第2部
先輩たちの体験談
看護師、理学療法士の2名の先輩に、
入職してから今までの体験談を語ってもらいました
IMG_2318

IMG_2332
先輩職員が今までに苦労したり、悩んだりしたこと、
それをどういう風に克服してきたかを話してもらい、
「共感できた、励ましになった」という感想が多くありました


講義『リスク・コミュニケーション(SBAR・5S)』
IMG_2341
SBAR(エスバー)・5Sについての講義がありました
「どのように報告したらよいのか、誰に相談するべきかなど悩むことも多々あるけれど、
全ては患者さんにつながるため、ホウレンソウや5W1H、SBARなどを活用して
適確に伝えていきたい」
といった感想がありました


グループワーク
研修の最後には、グループごとに意見交換をしました
IMG_2376
入職してから現在までにできるようになったこと、不安に思っていること、
今後の目標など、意見を出し合いました

IMG_2380
話し合った後で、グループごとに出た意見をまとめ、
各グループの代表者に発表してもらいました


それぞれの不安や悩み、がんばっていることを話すことで、
少しでも不安が解消され、気持ちもリフレッシュできたのではないかと思います
同期や他職種の職員と交流する機会をこれからも大切にしていきたいですね




こんにちは!見守り訪問で~す。

ささえりあ井芹からのお知らせです

「熊本市高齢者見守り事業」にて、70歳以上の方々の現況確認のため、
ささえりあ井芹のスタッフによるご自宅訪問を行っています
これは、市民の皆様が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように、
見守り体制の構築を図るための取り組みです。
日頃から民生委員の方々にご協力をいただき、多くの世帯を把握できるように活動をしています

dc2bb769-s


不審な訪問と間違われないよう、訪問の際は身分証の提示を行っています。
また、ご不在時は「ご不在連絡票」を投函させていただき、
ささえりあ井芹へ連絡していただけるようお願いしております
ご協力とご理解のほどよろしくお願い致します


職員旅行☆台湾☆

11月16日(木)~19日(日)職員旅行で『台湾』に行ってきました
参加者は15名
台北空港に到着すると、まず暑さと湿度にびっくりまさに亜熱帯です

初日は、特急列車に乗り台北から花蓮へ。到着した頃、辺りは真っ暗でした
image1
まずは初日お疲れ様~台湾ビールで乾杯


2日目。いよいよ観光開始今日は忙しくなるぞ~
まずは、「太魯閣(タロコ)渓谷」へ。
image2
ここは大理石で形成された渓谷と、水の流れが美しい観光地です

image3
落石注意のため、ヘルメットをかぶります。みんなよく似合ってる

image4
山水画のような美しい景色と大パノラマ
日本にはない情景に心うたれました

その後、「九份(キュウフン)」へ。
image5
そうあの『千と千尋の神隠し』のモデルとなった場所です

image6
ノスタルジックな街並みに感動
あの『湯婆婆』の湯屋のモデルとなった建物も本当に素敵でした

image7
帰る頃には、提灯が灯り気分も最高潮

3日目は新幹線で、台中駅まで移動。景観の美しい「日月潭(ニチゲツタン)」へ。
image8
湖が太陽と月の形をしています。仏閣に、みんな目を奪われました綺麗

その後、日月潭から出ているロープウェイに乗って、山頂の「九族民化村」へ。
image9

image11
ここは、台湾の先住民9つの民族のテーマパーク。

image10
先住民の方たちの生活に触れ、ショーを楽しみました
恥ずかしながら、先住民が居たなんて知りませんでした

4日目。いよいよ最終日
image12
まずはお買物~

その後、台北にある「龍山寺」へ。
image13
細部まで施された彫刻が見事でした

そして、最後の食事・・・
旅の間の食事はどれもとっても美味しかったですが、
みんなが一番楽しみにしていたのはやっぱり小龍包
image14
一口食べると中のスープがこぼれおちますまさに美味

ずっと楽しく笑いっぱなしの4日間でしたまた台湾行きたーい

QRコード
QRコード