青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2014年04月

お散歩

ぽかぽか陽気の中、エンゼルの子どもたちは、お散歩にでかけました

エンゼル保育室

エンゼル保育室

この日は保育室の近所にある消防署に立ち寄りました

エンゼル保育室

エンゼル保育室
「わたち、好きになっちゃうかも・・・恋に堕ちる瞬間の二人) 


とても優しい消防士さんでした

熊日看護師就職支援ガイダンス2015に参加しました!

先日は青磁野リハビリテーション病院のブースに来てくださり、ありがとうございました。

就職ガイダンス2015

就職ガイダンス2015

熊本市の西区で、地域との関わりを大切に、あたたかな看護をめざしています


熊本城まで5分
こちらに来ることがあれば、ぜひ見学においで下さい
いつでも対応
いたします

ご縁があるといいですね
お待ちしています


医療法人金澤会 青磁野リハビリテーション病院 看護部長 寺田
美智子

新人研修の模様をご紹介します

新しい仲間を迎え、毎年恒例の新人研修を行いました
 

今回はその中から『介護塾』の様子をご紹介します


まずはハンディキャップ体験
ハンディキャップのある方やご高齢の方の状況を疑似体験することで、理解を深めることを目的としています。

膝関節をサポーターで固定し、手首・足首にはウェイトベルト。
手袋で指先の感覚を鈍らせ、コットンで耳栓もします。
さらに、視野を狭くしてレンズを白く曇らせたメガネを装着して準備完了です

P4020332-3

1階から4階まで、介助者とともに移動して…
介護塾

課題をこなして…
(左:コンビニのおにぎりを食べる 右:パックジュースを飲む)
介護塾

介助する側とされる側の役割を交代し、
また1階へ戻ります。
介護塾

受講者は不安感や不便さを味わうとともに、介助する側に求められることに気づけたようです。

次に介護体験
適切な介護の方法を知ることは、介護される側と介護する側、両方の身を守ることにつながります。
間違った方法で介護していると、腰痛などの原因になってしまうのです


ベッドからの起き上がり動作や車いすへの移乗
介護塾

車いすで段差を上る方法
介護塾

杖の使い方
介護塾

リハスタッフの指導のもと、それぞれが体験しました。

.5日間の集合研修も無事終了
この集合研修を通じて同期入社のメンバーと仲良くなれたりするのです
これからは現場で研修や指導を受けるみなさん
わたしも頑張らなきゃ!

お外遊び

エンゼル保育室にはお庭があり、子ども達は時々外に出て遊んでいます


エンゼル保育室

エンゼル保育室

エンゼル保育室
 
「ヨッコラッショッ!!」 

「先生~見て!!わたち、すごいでしょ!!」


エンゼル保育室
お庭デビュー「お外遊び、たのちい~!!」
 

エンゼル保育室
 
「頭をぶつけないように・・・」

エンゼル保育室
「トンネル、通れたよ~!!!」


エンゼル保育室
 
帽子が逆さまに・・・「これも素敵かしら!?」

毎月やっています

エンゼル保育室では毎月防火訓練を行なっています
 

エンゼル保育室

エンゼル保育室
パネルシアターを見ながら、防火のお話を聞く子ども達。

とても真剣な面持ちです


エンゼル保育室
「お」~おさない

「は」~走らない

「し」~しゃべらない

「も」~もどらない

この言葉は避難する時に、毎回みんなで声にだして、言います避難する時のお約束事です

エンゼル保育室
園庭に出て、避難する練習もします

いつもの外遊びとは違うという事を子ども達は分かっているので、
お外にでても、遊び出さずに並んで待っています

毎回そんな子ども達に感心します


QRコード
QRコード