青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2014年05月

「看護の日・看護週間」

5月12日はナイチンゲールの生誕の日で、看護の日に制定されています

当院でも看護の日にちなんで、5月15日(木)~5月17日(土)の3日間
ファインテラスせいじの(高齢者向け住宅)
前にて、地域の方への健康を意識していただくことを目的に、無料相談を実施しました
P1000168
相談の様子・・・・

DSCF4497
1番人気の骨密度測定中・・・・

血圧測定・身長・体重・体脂肪測定・体力測定・骨密度測定、看護・介護・栄養などの健康相談を行いました


多くの方の参加があり、測定結果を見て、「自分の健康について考える時間ができてよかった」とのご意見をいただきました
P1000176
ファインテラスせいじのデイサービスご利用者さんの作品展示コーナーです
とてもかわいいキーホルダーや財布がありました

防火訓練を行いました!!

本日、14時より青磁野リハビリテーション病院の昼間想定防火訓練を行いました。


火災確認⇒応援要請⇒初期消火⇒通報⇒避難誘導の流れで、

実際に火災を想定して確実、迅速に行いました。
 

職員22名、模擬患者19名、合計41名の職員が訓練に参加しました。

IMG_0006

IMG_0012
病院での火災は、非難困難な患者さんが多数おられるので、人命第一で避難訓練を行います。

IMG_0018

IMG_0029

消防設備の説明を受け、改めて操作の確認をしました。


防火対策のポイントは・・・・

①火災を起こさないこと
②火災が発生したときは、速やかに通報すること
③火災が発生した場合は、非難誘導、初期消火などの迅速な対応
 

火災時はパニック状態となり、マニュアル通りにはならないことを想定し、関係者全員が無事非難できるよう体で覚えるように訓練をすることが必要です。

今後も色々なケースを想定して、訓練内容やメニューを変えるなどして、非常時にしっかり対応できるようにしていきたいと思います。




エンゼル保育室のブログ始めました。

今まで青磁野イベントブログの中で、エンゼル保育室での日常生活をお知らせしてきましたが、

エンゼル保育室専用ブログを作りました

エンゼル保育室
 
今まで以上に、楽しい日常生活をお知らせしていきますので、楽しみにして下さい

「エンゼル保育室のブログ」のアドレスは、http://seijino-angel.blog.jp/です
または、青磁野イベントブログのリンク集からも入れます


 

献血に行ってきました!!

今日は当院の前にあるゆめマート島崎で献血バスにて献血が行われました

毎年1回「城西校区献血推進協議会」主催により献血が行われます。
今回は31名の職員が献血に協力しました

DSCF4122
まずは、献血申込書に記入。次に問診票へ記入をします

DSCF4125
それから、問診と血圧測定、ヘモグロビン濃度測定、血液型事前判定を行います

DSCF4127
採血ベッドに横になり献血開始です
採血時間は、200・400mL献血では10~15分程度です
今回は400mL献血でした

DSCF4126
献血後は、十分休憩を取り、水分補給をしてくださいね

★みなさんもどうぞ献血にご協力ください★
人間の生命を維持するのに欠くことのできない血液は、いまだ人工的に造ることができません。
また血液は生きた細胞で、長い期間にわたって保存することもできません。

熊本県内においては、年間約24,000名の患者さんが輸血をされており、患者さんに安定的にお
届けするために1日平均280人分の献血が必要です。

一人でも多くの方のご協力をお願いいたします。
献血にご協力いただいた方へは、15項目(肝機能やコレステロール、糖尿病関連検査等)の検査項目
を過去4回分と併せて、2週間以内に親展でお知らせされています。
健康チェックもかねて献血されてはいかがですか?


◆献血に関するお問合せは“熊本県赤十字血液センター”へどうぞ◆


糖尿病教室を開催しました。

青磁野リハビリテーション病院では、昨年「糖尿病予防チーム」を結成しました

医師・看護師・管理栄養士など多職種のスタッフが、患者様や介護されるご家族に糖尿病についての正しい知識を知っていただき、予防や治療に役立ててもらうのが目的です


今回、「城西地域コミュニティセンター」において「糖尿病教室」を開催しました


当院の内科医岩本が、糖尿病の原因や症状について、わかりやすくレクチャーしました

P5100525

P5100526

糖尿病は予備軍も入れると2210万人もいるという大変身近な病気ですが、適切な治療を受けたことがない人が4割近くもいるそうです。
なってからの治療はもちろん、ならないためにも日頃から食事、運動面での予防がとても重要です。



レクチャーの後は、健康運動指導士が、参加者のみなさんと一緒に自宅や高齢者でも出来る簡単な体操を行いました
DSCF4089

DSCF4094

今後も、
7月、9月、11月、3月の計5回にわたって教室を開催し、さまざまな視点から糖尿病についてレクチャーしていきます。


次回は
7月12日(土)です。お楽しみに


QRコード
QRコード