青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2015年03月

3月栄養教室

3月24日(火)、栄養教室を開催しました。
今回は「減塩でおいしい食事」をテーマに講義と調理実習を行いました
外来通院中・入院中の患者様、またはそのご家族の方が対象で、9名の方が参加されました。

講義内容です
【食事療法の目的】
 ①塩分は一日6g未満=調理の工夫とアイディアで無理なく減塩
 ②バランスの良い食事と減塩で合併症を予防する

【食事療法の基本】
 ①1食当り塩分2g未満
 ②食物繊維を積極的に摂取しましょう
 ③一日30品の食材摂取を目安にカリウム・カルシウムを十分にとる

P1000880


調理実習です
 今回のメニューは・・・
 鶏肉とキャベツのトマト煮
 大根のえびあんかけ
 フルーツ(キウイ・りんご)
 
P1000886

P1000887

P1000890

P1000894
完成です

P1000896
みんなで美味しくいただきました

参加者の皆さまからのご意見・ご感想です
 講義の内容について
  ・分かりやすかった。自分の血圧の数値を再度把握します。
  ・意識して少し塩味控えます。まあいっか・・・の味の積み重ねが病気に繋がる事を感じました。
 
 
食事内容について
  ・家で1食2gの塩分にすると薄く味気ないけど、今日のメニューは塩分1.5gで今まで作った料理の中で
   一番おいしかった(笑)。
  ・塩分控えると美味しくないけど香味野菜やトマトを使うメニューで満足・美味しい。
  ・大根のえびあんかけはあんかけにする事で味がしっかりしてる。


最後に本日のレシピをご紹介します

【鶏肉とキャベツのトマト煮】 
 材料:鶏肉60g・キャベツ80g・玉葱40g・トマト100g・人参20g・
            コンソメ3g・食塩0.4g・酒3g・にんにく2g・調合油1g
  ① 鶏肉は、一口大にカットし酒3g・食塩0.2gをかける。
  ② キャベツは、大きめ短冊切り。玉葱は、くし切り。人参は、いちょう切り。
     トマトは、くし切り。にんにくは、スライスにする。
  ③ 鍋ににんにくと調合油を入れ油に香りをだす。香りがでたら、鶏肉・人参・玉葱を入れ炒める。
  ④ ③に軽く火が通ったらキャベツ・トマトを入れさらに炒める。
  ⑤ 最後にコンソメ・食塩で味を調える。
  231Kcal 食物繊維3.6g 食塩1.8g

【大根のえびあんかけ】
 材料:大根70g・えび20g・みつば3g・だし30cc・しょうが2g・薄口醤油3g・
      みりん1g・かたくり粉1g・だし汁1L(かぶゆでる用)
  ① 大根の皮を剥いて、くし切りにする。
  ② えびは茹でた後に殻をむき、みじん切りにする。
  ③ みつばは、さっとゆでみじん切りにする。
  ④ 生姜は、すりおろす。
  ⑤ 鍋に大根が浸るくらいだし汁を入れゆでる。
  ⑥ 大根にくしを刺し、すっと通ったらゆで汁を減らし、えび・薄口・みりん・生姜で味を調える。
  ⑦ 最後に、片栗粉でとろみをつけ・みつばを飾れば出来上がり。
  44Kcal 食物繊維1.3g 食塩0.6g

【総カロリー】(ごはん150g(252Kcal)・キウイ・りんご含む)
  559Kcal、食物繊維6.5g、食塩2.4g

ぜひお試し下さい

ささえりあ井芹(熊本市地域包括支援センター)のサロン活動【平成27年2月】

ささえりあ看板


遅くなりましたが、ささえりあ井芹の2月報告です

私たちの担当校区は、城西花園池田校区です

 04日(水) 認知症サポーター養成講座
 04日(水) 花園中尾ふれあいいきいきサロン
 10日(火) 花園9町内ふれあいいきいきサロン
 16日(月) 池田リフレッシュクラブ
 18日(水) 池田活き生き相談室
 21日(土) 城西3町内ふれあいいきいきサロン
 24日(火) 花園牧崎・垣内ふれあいいきいきサロン
 25日(水) 花園柿原ふれあいいきいきサロン
 25日(水) 城西1町内ふれあいお達者サロン

のイベントに参加しました

今回は、2月4日(水)の肥後銀行の行員さんを対象とした認知症サポーター養成講座の様子をご紹介します

この講座は、県内の肥後銀行全ての支店で行われる積極的な取り組みです。
今回は、水道町・新町・紺屋町・熊本駅前・上熊本・上通り・熊本市役所・銀座通りの
8支店137名の行員さんを対象に講座が開催されました。

当センターのキャラバンメイトである平野が講師を務め、認知症についての基礎講義と
金融機関での事例について、グループ討議を行いました
(キャラバンメイトとは、所定の研修を受講し登録することで、認知症サポーター養成講座の
 講師を務めることができる者です。)
接客のプロである行員さんが、さらに安心して利用できる地域の銀行を目指し、
認知症についての正しい知識と理解を深められました

今後も「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」の一翼を担っていただけると思います

P2040200
皆さん、熱心に受講されています

P2040205
グループワークの様子です

P2040217
受講終了認知症サポーターの証、オレンジリングが授与されました

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成27年2月】

地域リハビリテーション広域支援センターは、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域リハビリテーション実施に携わる担当の方々への支援を行っています

2月の活動報告です

 02日(月)古町地区介護予防事業(古町老人憩いの家)
 03日(火)田崎ふれあい会(田崎団地集会所)
 10日(火)松尾東地区介護予防事業(一の口老人憩いの家)
 13日(金)八島地区介護予防事業(八島団地集会所)
 19日(木)高橋町はつらつクラブ(高橋町生きがい作業所)
 25日(水)新土河原町介護予防事業(新土河原公民館)


「古町地区介護予防事業」 「田崎ふれあい会」の風景です
古町

田崎
2月は膝痛予防体操下肢のストレッチや筋力トレーニングを行いました
田崎地区では、節分にちなんで、茶話会の時に恵方巻を皆でいただきました


「松尾東地区介護予防事業」
の風景です
松尾東1

松尾東2
西区役所の保健師、ささえりあ松尾西のスタッフにご協力いただき、2回目の体力測定を行いました
測定後は、保健師によるインフルエンザについての講話
マスクのつけ方、手洗いの方法などを学習しました


「高橋町はつらつクラブ」
の風景です
高橋町

高橋町2
ささえりあ三和のスタッフが、セラバンドを使用した準備体操や鬼の面を被っての歌体操を紹介
たくさんの笑い声が聞かれ、楽しい教室になりました

「八島地区介護予防事業」 「新土河原地区介護予防事業」の風景です
八島地区

新土河原
ささえりあ花陵のスタッフが体調確認を行い、その後、ロコトレやレクリエーションを行いました。
皆さん寒さに負けず、頑張られていました



「ハラスメント」勉強会を開催!!

3月13日(金)、ハラスメントをテーマとした全職員対象の勉強会を開催し、
84名の職員が参加しました。

講師に、㈱アステム コンサルティング部門 熊本担当 主管 吉田啓一氏をお迎えし、
「医療機関におけるハラスメントと対応」について、ご講演いただきました

IMG_1675

IMG_1687

私達は、年々、ハラスメントの基準が変わっていくことを充分認識し、敏感に対応していくことが必要であり、
「ハラスメントの無い職場作り」を徹底することが極めて重要であることを学びました。

そしてハラスメントとは、「“基準”が自分ではなく相手が“基準”になる」ことを、充分承知しておくことが
重要であるということを感じた研修会でした

平成27年度業務策定会議を開催しました。

早いもので今年度も残りわずかとなりましたね
当法人では、次年度に向け、毎年恒例の『業務計画策定会議』を開催しました
業務策定会議では、次年度の方針や各部の業務計画を確認して足並みをそろえることを目的に、
法人全体の所属長が集まり実施しています。

まずは、1月に行った職員意識調査の結果を報告しました
よい医療・介護サービスを提供するためには、職場風土や働く職員のモチベーション、
仕事をするうえでの満足感などが大きな鍵
そこで、職員の満足度や不安・不満を把握し改善につなげるために毎年調査を行い、報告しています

そして、理事長、院長から「金澤会の中長期計画および平成27年度事業概要」、
「地域包括ケアシステム及び地域医療構想における金澤会の役割」をテーマに、質疑応答を交えながら
情報共有を行いました。
平成27年度業務計画策定会議

平成27年度業務計画策定会議

それから、介護報酬改定および今後の介護施策の概要について勉強しました。

平成27年度業務計画策定会議

ほっともっとの幕の内(梅)の休憩をはさんだあと、
午後は部署横断でグループ討議を行い、情報共有を行いました。

平成27年度業務計画策定会議

最後に、各部でグループ討議。

平成27年度業務計画策定会議

日曜日を利用し、朝から夕方までみっちり行いました

3月も残りわずか次年度に向け、一致団結して頑張ります

QRコード
QRコード