青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2015年04月

看護部新人研修

看護部にも新しい仲間が加わり、看護部主催の新人研修会を開催しました
今回はその様子をご紹介します

IMG_1958

IMG_1957
先輩たちの講義をみんな一生懸命聞いています

IMG_1960
こちらは血糖測定の実技実習です

IMG_1961
腕モデルを使用しての採血実習
先輩の見よう見まねで注射器の取り扱い方を練習中です


フレッシュな気持ちで入職してきた新人さんのおかげで、リフレッシュした気持ちで新人研修を行うことができ、
講義を担当した先輩たちもたくさん元気をもらえました

これから1年間、新人研修計画にそって楽しく元気に、そしてわかりやすい新人研修を行ない、
医療人としてプロとして、成長してゆく姿がとても楽しみです

第4回心リハ患者会

「ホーーホケキョ」すっかり春ですね
3月28日、第4回目の外来心臓リハビリ患者会を開催しました
今回は、知る人ぞ知る桜の名所「小萩園」(熊本市西区)でのお花見

①
な・な・なんと63種類300本の桜の木があるそうです
当日までに数回下見に行きました


②
20日前位から「河津桜」が綺麗に咲いていました 


③
ただ、1週間前でも蕾のままの桜がほとんどでした


④
それが、何ということでしょう当日はこんなに満開(半分位の種類は満開でした


⑤
ウグイスの鳴き声を聞きながら、皆で仲良く記念撮影


⑥
こんなに綺麗なピンク色の桜もありましたよ


⑦
そして、桜の花を見上げながら、桜餅を食べました(恒例の食べ物ネタです


⑧
お題「半月と青空と桜」。(半月見えますか?


今回で平成26年度の患者会は終了しました。
2年目の27年度も新たなアイデアを考えて皆で楽しめる会を企画していきたいと思っています
乞うご期待下さい

☆新人研修☆

新しい仲間を迎え、4月1日より毎年恒例の新人研修を行いました

今回は、その中から
『介護塾』の様子をご紹介します


まずはハンディキャップ体験
ハンディキャップのある方やご高齢の方の状況を疑似体験することで、理解を深めることを目的としています。

膝関節をサポーターで固定し、手首・足首にはウェイトベルト。
手袋で指先の感覚を鈍らせ、コットンで耳栓もします。
さらに、視野を狭くしてレンズを白く曇らせたメガネを装着して・・・

IMG_1879

IMG_1877
準備完了です


1階から4階まで、介助者とともに移動します
IMG_1887

IMG_1892


課題をこなします
コンビニのおにぎりを食べる、パックジュースを飲む、プリンを食べるなど、課題は様々です
IMG_1896

IMG_1911


介助する側とされる側の役割を交代し、また1階へ戻ります。
IMG_1925

受講者は不安感や不便さを味わうとともに、介助する側に求められることに気づけたようです。

次に介護体験
適切な介護の方法を知ることは、介護される側と介護する側、両方の身を守ることにつながります。
間違った方法で介護していると、腰痛などの原因になってしまうのです


ベッドからの起き上がり動作や車いすへの移乗
IMG_1938

車いすで段差を上る方法
IMG_1934

リハビリスタッフの指導のもと、それぞれが体験しました。

.5日間の集合研修も無事終了
この集合研修を通じて、同期入社メンバーとの仲が深まります
これからは現場で研修や指導を受けるみなさん
同期で助け合い、励ましあいながら頑張っていってほしいと思います

◆平成27年度入社式◆

4月1日、暖かな春の日差しが降り注ぐさわやかな日・・・とはいかず、
あいにくの雨となりましたが・・・
 「平成27年度入社式」を執り行いました
IMG_1851

IMG_1861
今年は、22名の新しい仲間を迎えました
みなさん緊張の面持ちですが、期待と希望を胸に出席されています

IMG_1870
みんなで一緒にがんばっていきましょう

久しぶりにフレッシュな空気を感じ、わたしも入社した頃を思い出しました
いつまでも、この時のフレッシュな気持ちを忘れずにいたいですね
新入職員が、元気に楽しく働くことができるよう、しっかりとサポートを行っていきたいと思います



QRコード
QRコード