青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2016年06月

明日の看護を考える会☆接遇研修☆

6月17日(金)当院カームガーデン(多目的ホール)において、
明日の看護を考える会6月例会が開催されました。

明日の看護を考える会は、
熊本市西部地区の4病院(熊本泌尿器科病院、慶徳加来病院、福田病院、
青磁野リハビリテーション病院)で構成されている会で、
毎年さまざまな研修会や懇親会が開催されています

6月例会のテーマは接遇研修
講師は、株式会社NEAT代表の高木奈穂先生です

DSCF5163

IMG_4677
みなさん、先生の話に引き込まれています。すごい集中力です

表情、目線、視線、挨拶、動作、言葉遣い…
医療機関に勤めるものとして身につけておきたい接遇マナーについて、
実践を交えながらの研修でした

たとえば「お辞儀」

ポイントはながら動作をしないこと
歩きながら、言葉を発しながら…ではなく、
ひとつひとつを分けることで、きびきびとカッコイイ印象になります

患者さんとすれ違う時には、
立ち止まり、
スッと一歩引いて道をゆずり、
こんにちは!と歯切れの良い挨拶をし、
お辞儀をする
IMG_4681-1
各病院の新入職員のみなさんが前に出て、実演してくれました

お辞儀は、カウント1で頭を下げ、2・3・4で上げると美しく見えます
では、もう一度練習…
笑顔で「よろしくお願いします!」と挨拶をし、
お辞儀をする
IMG_4688-1
最初はぎこちなかったお辞儀も、練習をするうちにスムーズに
みなさんも、ぜひ実践してみてくださいね

今回の研修で学んだことを活かし、
どんなときでも、相手の心に届く接遇を心がけていきたいと思います

震災から2か月・・・

震災から2か月が過ぎました。
みなさん、さまざまな思いで過ごされた2か月だったのではないでしょうか・・・

当院では補修作業が着々と進んでおり、
壁のひび割れや段差等も、徐々に解消されています

1
3
2
4

修復が必要な場所はまだまだありますが・・・

5
みんな笑顔で、元気に頑張っています

今回の震災で痛感した自然災害への備え・・・
建物の修復とあわせて、災害対策強化にも力を入れていきます

少しずつ余震は減ってきていますが、油断することなく、
日頃から備えをしっかりとしておくことが大切ですね

看護部新人フォローアップ研修

今年4月に入職した看護師を対象に、注射・点滴の実技についての
デモンストレーションを開催しました

静脈注射トレーニング用の腕モデルを使い、練習します

1
まずは先輩のお手本を見ながら一連の流れを確認し、
その後いよいよ新人看護師が実践します

2

3

リアルな腕モデルに緊張しながら、注射デビューまで練習を繰り返し行います

4

5
安全で安心な医療と看護を提供できるよう、知識、技術の習得に日々励んでいます

しまさきの森☆作品展☆

6月6日(月)~18(土)の期間、
「放課後等デイサービス しまさきの森」
の作品展を開催しています

放課後等デイサービスとは、障がいのある、主に6歳~18歳の就学児童・生徒が、
学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設です。
学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、
障がいのある子どもたちを持つ家庭を支えるために創設され、
障がい児の学童保育とも表現されます。

「しまさきの森」のモットーは、人と人がふれあい、繋がる。笑顔あふれる空間。
毎日、書道やダンス、創作活動などを行い、時にはパーティーやバーベキューなどの
イベントを交えながら、5月で1周年を迎えられました

IMG_4587

今回の作品は、小学生15人、中学生8人、高校生1名に加え、
スタッフ6名みんなで力を合わせた1年間の集大成です
そのような大切な作品を、当院で展示させていただくことになりました

DSC_1392

IMG_4589

DSC_1403
みんなでアイディアを出し合って完成した、子ども達の汗と涙と笑顔の作品です

青磁野リハビリテーション病院1階に展示しておりますので、ぜひお立ち寄りください
お待ちしております

「放課後等デイサービス しまさきの森」のホームページは・・・
http://info125064.wix.com/simasakinomori

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成28年5月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

5月の活動報告です
 14日(土)方近地区介護予防事業(方近公民館)
 19日(木)高橋地区介護予防事業(はつらつクラブ)(高橋町生きがい作業所)
 19日(木)松尾地区介護予防事業(三木会)(近津(ちこうづ)公民館)
 24日(火)小島上町地区介護予防事業(小島上町公民館)
 25日(水)野中地区介護予防事業(野中公民館)

震災後にも関わらず、たくさんの方々が集まってくださいました
生活不活発病のチェックを行い、震災の影響で活動量が低下していないかを確認しました
自宅の片づけなどで忙しく、疲れたご様子の方も、参加者の皆さんと会話をすることで元気な笑顔に変わり、
「気分転換になった」「気持ちよかった」などの嬉しい声が聞かれました

「方近、高橋、小島上町地区介護予防事業」の様子です
1

2

3
皆さん元気に体操に参加されていました


「松尾地区介護予防事業(三木会)」
の様子です
5

6
三木会(さんもくかい)では、参加者の皆さんが考案された運動プログラムを実施されています

「野中地区介護予防事業」の様子です
7

8
理学療法士がエコノミークラス症候群について説明をしています
また、膝、腰などの痛みの確認を行っています
QRコード
QRコード