青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2017年12月

年末のご挨拶

今年もあとわずかとなりましたが、
みなさんは新年を迎えるための準備はお済みでしょうか?
当院では、3日間に亘り、毎年恒例の大掃除を行いました

IMG_2794
普段は掃除をしないようなところを中心に、建物全体を掃除していきます

IMG_2790
一年分の汚れと格闘し、見えないところにたまっていた汚れもきれいにすることができました

そして、青翔苑では、デイケアの男性利用者さんが製作された門松も完成しました
IMG_2809

IMG_2808
立派な門松です

IMG_2802
鏡餅の準備も終え、新年を迎える準備が整いました

 ◆  年末年始の診療のご案内  ◆
   12月29日(金) 平常通り
 12月30日(土) 休 み
 12月31日(日) 休 み
  1月 1日(月) 休 み
  1月 2日(火) 休 み
  1月 3日(水) 休日在宅医
  1月 4日(木) 平常通り

さて、今回が2017年最後のブログとなります。
今年も「青磁野イベントブログ」をご覧くださり、ありがとうございました
楽しんでいただけましたでしょうか?

来年もどうぞよろしくお願い致します!!
皆様にとりまして来る年が幸多き一年となりますよう心よりお祈り致します。


青磁野イベントブログ スタッフ一同

熊本YMCAインターナショナルチャリティーラン

12月10日(日)農業公園カントリーパークで開催された、
「熊本YMCAインターナショナルチャリティーラン2017」に参加してきました
image1
この大会は、
「障がいのある子どもたちも、そうでない子どもたちも、ともに幸せに生きていける社会」を目指し、
全国で開催されています。熊本は、今年で2回目の開催です

image2
まずは、スペシャルオリンピックスのみなさんによる選手宣誓

image4
そのあと準備体操
くまモン登場でテンションも上がります動きもキレキレでした

いよいよスタートです青磁野チームは個人ランで一人5km走ります
image6
スタート直後、余裕のピースサイン

image7
沿道で「せいじの頑張れ!」の声援。とても嬉しかったです

image19
元気だったのは最初だけヘトヘトになりながら…

image8
何とかゴールみんながんばったね

そのあと、肥後銀行マラソンチームのランニング教室にも参加
image9

image10
みなさんと交流を深めました

会場ではおいしい出店もたくさんありました
image12
応援してくれた家族も一緒に「いただきまーす

チャリティーランのスローガンは「LOVE ON THE RUN」
マラソンを通じて、参加した皆さんとひとつになれた「思いやり」ある大会でした

image13
最後に大会を共催された「熊本ジェーンズワイズメンズクラブ」の方々と写真を一枚
たくさんの声援ありがとうございました

平成29年度 看護・介護研究発表大会 

12月7日(木)、12月8日(金)の2日間にわたり、
『平成29年度 看護・介護研究発表大会』を開催しました

各部署で日常の看護実践を振り返り、
看護・介護技術の改善活動及び教育の一環として、毎年行っています

今年は8題の発表がありました

1.けあまっぷ城西「独居要介護者の自立支援ケアマネジメント~実態調査の検証と今後の課題」
2.外来    「感染対策の意識向上~アルコール手指消毒使用量アップへの取り組み」
3.東1病棟  「内服自己管理の服薬事故を起こした要因 ~情報分析して見えた傾向と今後の課題~」
4.東2病棟  「カーデックスの形式を検討~情報の共有と伝達ミスの軽減を図って~」
5.北病棟   「間歇的経口胃経管栄養法の有効性~過去2年間の実績から見えてきたもの~」
6.南1病棟  「排泄ケアを考える~QOL向上を目指して~」
7.南2病棟  「手指消毒剤使用向上に向けた取り組み」
8.青翔苑   「入所職員全員がケアプランに沿った記録を目指して」

IMG_3754

IMG_3759

質疑応答もあり、充実した発表会となりました
日頃の自分たちの取り組みをまとめて発表することで、
今後のスキルアップや業務改善につなげていきます

第4回せいじのわくわく健康塾を開催しました

平成29年12月16日(土)14時より、当院にて
「第4回せいじのわくわく健康塾」を開催しました
今回のテーマは、ロコモティブシンドローム
はじめに、当院の金澤院長より、
「健康寿命を延ばそう!今日から始めるロコモ予防!」と題し、講義がありました
IMG_2734
ロコモティブシンドロームとは・・・?
運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を
「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)」といいます。
ロコモは、筋肉、骨、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは
複数に障害がおこり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。
進行すると日常生活にも支障が生じ、介護が必要になるリスクが高まります。


~ロコモ度テストの紹介~
IMG_2739
「立ち上がりテスト」
このテストでは、下肢筋力を測ります。
片脚または両脚で決まった高さから立ち上がれるかどうかで、程度を判定します。

IMG_2741
「2ステップテスト」
このテストでは、歩幅を測定しますが、同時に下肢の筋力・バランス能力・柔軟性
などを含めた歩行能力が総合的に評価できます。

最後に栄養についてお話がありました。
骨や筋肉の”素”は毎日の食事からはじまります。きちんと食べて食生活でも
「ロコモに負けない身体」をつくりましょう
骨や筋肉を強くする食品や食事のとり方などについて詳しくお聞きになりたい時は、
当院外来へお気軽にご相談ください。


次に、ロコトレ・スロトレを参加者の皆さんと一緒に行いました。
IMG_2757

ロコトレ1 
バランス能力をつけるロコトレ「片脚立ち」

ロコトレ2
下肢筋力をつけるロコトレ「スクワット」

最後に、スロトレ(太極拳)を行いました
IMG_2764

IMG_2762
スロトレは、ゆっくりとした動作で体を動かすことで筋肉の成長を促します
実際にやってみると、動作はゆっくりですが、じんわりと汗が出てきます
体がぽかぽかしてきますので、どうぞみなさんもお試しください

当日は、雨が降る中多くの方にご参加いただき、ありがとうございました
次回は来年の2月を予定しておりますので、お楽しみに

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成29年11月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

11月の活動報告です
 13日(月) 小島ささえあい体制事業(小島地域コミュニティーセンター)
 16日(木) 松尾地区介護予防事業(三木会)(近津公民館)
 21日(火) 小島校区介護予防事業(楢崎いきいきクラブ)(楢崎公民館)
 25日(土) 中島校区介護予防事業(方近健幸づくり)(方近公民館)

「小島ささえあい体制事業(小島地域コミュニティーセンター)」の様子です
1

2
バランスボールを使った体操を紹介
珍しいバランスボールに、皆さん楽しそうに体を動かされていました


「松尾地区介護予防事業(三木会)
「小島校区介護予防事業(楢崎いきいきクラブ)
「中島校区介護予防事業(方近健幸づくり)の地区では、体力測定を実施しました

以下、各地区の様子です
「松尾地区介護予防事業(三木会)」
3

4
参加者は6名と少なかったですが、レクリエーションで盛り上がりました

「小島校区介護予防事業(楢崎いきいきクラブ)」

5

6

皆さんで考案された、オリジナルの踊りを披露して下さいました

「中島校区介護予防事業(方近健幸づくり)」
7

8
リズム体操を行い、頭で考えながら元気に体を動かしていただきました

QRコード
QRコード