青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2018年02月

平成29年度第5回せいじのわくわく健康塾&糖尿病予防教室 開催

平成30年2月17日(土)14時より、当院カームガーデンにおいて
『第5回せいじのわくわく健康塾&糖尿病予防教室』を開催しました
今回は、糖尿病にスポットを当て、石本副院長と歯科衛生士よりお話いたしました。

IMG_2900

日本の糖尿病有病者と糖尿病予備軍は、年々増加しており、
いずれも約1,000万人と推計されています。(厚生労働省/平成28年国民健康・栄養調査より)
糖尿病になる原因や糖尿病になるとどうなるのかなど、
基礎的な内容や糖尿病の治療の基本である食事&運動についてもお話いたしました

IMG_2907

次に、歯科衛生士より糖尿病とお口の健康についてお話しました
IMG_2917

糖尿病と歯にどんな関係があるのだろう?とお思いでしょうが、
糖尿病の患者さんは歯周病が悪化しやすく、また歯周病があると糖尿病の
血糖コントロールが難しくなることが分かっています。
IMG_2919
正しい歯磨きの方法などについて模型を使って説明いたしました。

今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成30年1月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

1月の活動報告です
 19日(金) 大多尾地区介護予防事業(大多尾三和会)(大多尾公民館)
 24日(水) 野中地区介護予防事業(野中公民館)
 26日(金) 大将陣地区介護予防事業(大将陣第3区公民館)



1月は各地域で、今年度最後の体力測定を実施しました。

「大多尾地区介護予防事業(大多尾三和会)(大多尾公民館)」の様子です
1

2
準備体操でしっかりと体を温めてから体力測定にチャレンジ

「野中地区介護予防事業(野中公民館)の様子です
3

4
体力測定後は、リズム体操で楽しく体を動かしました

「大将陣地区介護予防事業(大将陣第3区公民館)の様子です
5

6
皆さん真剣な表情で、ご自身の体力を計測されていました



認知症サポーター養成講座 IN 千原台高校

こんにちは。ささえりあ井芹です

ささえりあ井芹では、日頃から認知症の方や家族を含め支援するため、
多くの地域の方の理解や協力を得られるよう
「認知症サポーター養成講座」を開催しています。

今回、城西校区社会福祉協議会と合同で、
千原台高校2年生の生徒さん196名を対象に、
クラスごとに「認知症サポーター養成講座」を開く機会をいただきました。

71efbd15.jpg
家庭科の授業の一環で2コマの時間をいただき、
前半は認知症のメカニズムや
症状についての講義を行いました。

63555a3f.jpg
後半はDVDを見た後、「その対応の仕方について」をテーマにグループワークで考えを深め、
最後は班ごとに発表してもらいました。

真剣な眼差しで講義を受け活発な意見も数多く出て、
講義する側にとっても嬉しい反応でした
生徒の皆さんからは、

「老化現象による物忘れと認知症は違うことがわかった」

「認知症の方には同じ目線でゆっくりと話し優しく接します」

「今日から不安そうに困っている方を見かけたら声をかけてみます」

「認知症を予防するための取り組みも大事なことがわかった」

など、多くの率直な感想をいただき、しっかりとした考えを持っている生徒さんが
とても頼もしく思えました

ささえりあ井芹では、地域で高齢者の方を支えるには、
これからは若い世代の力が不可欠だと感じていますので、
今後もこの活動は続けていきたい考えています

QRコード
QRコード