青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2018年04月

第6回せいじのわくわく健康塾を開催しました!

平成30年4月21日(土)14:00~15:30当院において
『第6回せいじのわくわく健康塾』を開催しました。

IMG_3407
今回のテーマは、脳 卒 中 

第1部は、
『専門医に学ぶ脳卒中の予防と治療について』 
  当院 リハビリテーション科 大田 和貴 医師  
より話をしました
IMG_3413
脳 卒 中とは・・・
突然生じた脳の血管の血流障害によって、急に手足がしびれたり、動かなくなったり、
言葉が離せなくなったり、あるいは意識がなくなったりする発作のことです。
いくつかの種類があり、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞」
脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」に分けられます。

脳卒中予防には・・・
血圧コントロール禁煙食事運動 に気を付けることが大切です

脳卒中発症のポイントは・・・
片側の手足に力が入らない、言語障害、歩行困難、視野の半分が欠ける、激しい頭痛等・・・

脳卒中が疑われる時は、救急車を呼びましょう!!
素早い対応が命を守り、後遺症を減らします
IMG_3414


第2部は、
今日から始める節塩習慣!』について、
臨床栄養科 村上 晶子 管理栄養士
より話をしました
IMG_3420
脳卒中予防には、血圧コントロールのための節塩が重要です

節塩するには・・・
・新鮮な食品・季節の食品を活用して減塩を行う
・旨味のある食材(昆布やかつお節等)を使う
・加工食品の食塩含有量を知って使いましょう


などがあります。
また、献立を煮魚から焼魚に変える、干物から生の食材に変える
ことで節塩することができます

日頃から少しづつ変えていくことで、節塩習慣がついてくると思います
皆さんもどうぞ今日から始めてみてはいかがでしょうか
今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました

明日の看護を考える会4月例会

「明日の看護を考える会」は、熊本西部地区の4つの病院
(福田病院、慶徳加来病院、熊本泌尿器科病院、青磁野リハビリテーション病院)で
構成されており、毎年、様々な研修会や懇親会を開催しています

4月20日(金)、当院カームガーデン(多目的ホール)において、4月例会を開催しました。

IMG_0243
まずは、「明日の看護を考える会」の紹介を行い、
その後、「接遇研修」を行いました

IMG_0249
講師は、株式会社キャリアデザインネットワーク 代表 高木奈穂 先生 です

IMG_3400
毎年、高木先生の講義を楽しみに参加している方もいて、とても人気のある講義です

IMG_0251
表情、目線、視線、挨拶、動作、言葉遣い…
医療機関に勤めるものとして身につけておきたいコミュニケーションマナーを
楽しく学ぶことができました

IMG_3398
講義の中では実践で行えることが多く、早速仕事の中で活かしていきたいと思います

心臓リハビリテーション患者会

3月の外来心臓リハビリテーション患者会では、
二の岳・三の岳麓の熊本市西区の芳野地区で花見を行いました

IMG_0721
当日は天候にも恵まれ、絶好の花見日和で、
桜の花びらが散り始めた中での患者会となりました


IMG_1033
そこのお姉さま方、女子会ですか? 楽しそうですね

IMG_0355

芳野小学校内の樹齢100年の桜を鑑賞させてもらうため、
事前に電話で許可をいただき、校庭に入らせてもらいました。
幹がとても太く、横に広がる枝は支柱でしっかりと支えてありました
今後も咲き続けてほしいですね


IMG_1041
芳野コミュニティセンター横の公園で、参加者によるハーモニカ吹奏の時間
桜の下で聞くハーモニカの音色は一段と綺麗で、私たちの心をリフレッシュさせてくれました


IMG_1046
ハーモニカの吹奏に皆から自然に手拍子が出ます
写真には写っていませんが、周りの花見グループの方々も一緒に手を叩いたり、
曲をリクエストされたりして盛り上がりました~


今回も皆でいい気分転換ができました
これからも病気に負けず、リハビリを継続していきましょう

平成30年度看護部入職後研修

4月より看護部では経験者を含む11名の新入職者を迎え、
3日間にわたり看護部入職後研修を行いました

DSCF9445
「医療安全」「感染予防」「看護倫理」「老年看護」等の座学や、
「ガウンテクニック」「救急蘇生」「採血、血糖検査」などの実技研修を実施


DSCF9457
採血・注射の研修では、事前に座学で血管の走行などの解剖生理を学んだあと、
シュミレーターを使用しての実技研修を行いました

DSCF9456
針を刺す角度・深さを確認しながら手順に沿った手技を学習
 
 DSCF9450
新人研修で学んだ知識を基に日々の実践で経験を積み、
相手の気持ちに寄り添える思いやりの心を持った看護師に
成長していってほしいと思います

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成30年3月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

3月の活動報告です
 13日(火) 松尾東9町内介護予防事業(一ノ口老人憩いの家)
 15日(木) 松尾地区介護予防事業(三木会)(近津公民館)
 17日(土) 西区フェスタ(くまもと森都心プラザ)
 20日(火) 大多尾地区介護予防事業(大多尾三和会)(大多尾公民館)



「松尾東9町内介護予防事業(一ノ口老人憩いの家)」の様子です
1
今年度に行った体力測定の結果表をお渡ししました

2
体力の現状が把握できたことで、自然と体操にも力が入ります

「松尾地区介護予防事業(三木会)(近津公民館)の様子です
3
地域の皆さんで運動内容を考え、筋力トレーニングを実施しています

4
音楽に合わせ、楽しく体を動かされていました



「大多尾地区介護予防事業(大多尾三和会)(大多尾公民館)の様子です

7
こちらでは、レクリエーションゲームを行いました

8
ささえりあ金峰のスタッフから頭の体操をテーマにしたお題が出されると、
皆さん果敢にチャレンジされていました

また、3月17日には「西区フェスタ(くまもと森都心プラザ)に参加してきました
5
西区役所が中心となり運営する西区フェスタ
KABの駅前フェスタと共催だったため、多くの方が来場されました

6
森都心プラザホールでは「各地区の健康まちづくり報告会」が行われ、
西区を代表して3つの地域から、地域で行っている健康づくり活動の紹介がありました

QRコード
QRコード