青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

2018年05月

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【平成30年4月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

4月の活動報告です
 19日(木) 松尾地区介護予防事業(三木会)(近津公民館)
 23日(土) 白坪地区介護予防事業(白坪公民館)




松尾地区介護予防事業(三木会)様子です
1
体調チェックとストレッチ体操で準備完了。

3
ささえりあ熊本西のスタッフ協力のもと、今年度1回目の体力測定を行いました
参加者は12名と少なかったですが、日頃元気に運動されている方も多く、
歩行動作などスムーズに行えていました


白坪地区介護予防事業の様子
4
ささえりあ花陵より依頼を受け、「いきいき会」に初めてお邪魔させていただきました
30名程が年に3回集まられているとのこと
今回はいきいき100歳体操をご紹介し、皆さん一緒に楽しく体を動かしました



献血に協力してきました!

5月17日(木)、当院横のゆめマート島崎駐車場にて献血が行われました
城西校区献血推進協議会主催で、毎年1回献血バスが来て地域の方々の献血が行われます。

献血ポスター

城西校区は特に献血に力を入れており、献血ルームのある地域を除くと熊本市でもトップクラスの献血数です。
本年度は受付105名、採血89名と多数の方が参加されています
自治会、熊本市、当院を含む地域の病院、そして地域の皆さんが一体となった城西校区献血推進協議会が中心となり献血を推進しています。
そんな中、当院からも多数の職員が献血に協力しました


みなさんご存知でしたか

赤血球製剤の有効期限は21日間と非常に短い

熊本市内においては年間約24000名の患者さんが輸血をされている

1日平均200人分の献血が必要

輸血用血液の約9割は、50歳以上の患者に使われている

献血いただいている方の約7割は50歳未満


人の生命を維持する為に必要な血液は、未だ人工的に作ることはできません。
さらに血液は生きた細胞であり、長期間にわたって保存することができません。
近年は少子高齢化の影響もあり若い世代の献血数が減少傾向にあります。
輸血を必要としている患者さんのために1人でも多くの方のご協力をお願いいたします。


◆献血について詳しくは「熊本県赤十字血液センター」のHPをご覧ください
・最寄の献血場所
・献血バスの運行スケジュール
・現在の必要血液情報(〇型の血液が足りない等)
の情報もご覧いただけます!

介護福祉士勉強会

看護部では、勉強会の年間計画を立て、毎月テーマに沿って
『介護福祉士勉強会』を開催しています

5月のテーマは「食事介助時の観察のポイントと危険予知」
介護主任が講師を行いました
 
DSCF9458
いつもは講義形式の研修会ですが、今回は質疑応答形式で参加型にしました
 
DSCF9464
TV画面に映し出された質問について、、、

DSCF9463
「うーん、こんな場合はどうすればいいのかなぁ~」と皆真剣に考えています。
答えは・・・正解でホット一安心

これからも、患者さんへの愛情と思いやりを持ったケアの実践を目指し、日々研鑽していきます

看護の日!

今年も金澤会では地域の方へ健康を意識して頂くことを目的に、
5月10日(木)~12日(土)の3日間、ファインテラスせいじの(高齢者向け住宅)前
にて看護の日イベントを実施しました


5月12日はナイチンゲールの生誕の日で「看護の日」と制定されています。
その日に合わせて看護週間として毎年健康測定を中心としたイベントを実施しています。



血圧測定や体力測定、瞬発力測定の様子

血圧測定

瞬発力


骨密度の検査は好評でした、運動されている方は骨も強いですね

2骨塩


バザーすばらしいです

バザー



最終日は、ウクレレのコンサートも開催されました

コンサート


「看護の日」は企画し10年目となり、複数回の参加の方も増えてきました。

来年も開催を予定してますので是非参加ください

よかばい体操!

当院リハビリテーション部が考案した「よかばい体操」が
くまもと元気くらぶ市が推奨する運動」に認められました


※くまもと元気くらぶとは?
介護予防を目的として、「住民主体」「身近な場所」に集まり、「仲間と一緒」に、
「運動を取り入れた活動」「継続的」に取り組む地域の高齢者のグループのこと(熊本市HPより転載)
詳しくは
こちら


熊本市で『くまもと元気くらぶ』が発足し、「地元熊本ならではの体操を作りたい!」という熱い想いで作り上げた体操です

①運動の効果をしっかりと出すこと
②地域の皆さんが気軽に楽しく実施できること

この2つを目的に試行錯誤の末、完成させた体操です。
今回は画像で紹介させていただきますので、クリックしてご覧ください


・ストレッチ
スライド1



・座位体操
スライド2


・立位体操
スライド3


・リズム体操
スライド4



いかがでしたか?
サンバおてもやんにノって体操したくなったでしょう
この体操を一緒に踊って熊本の皆様がもっと元気になっていただけるよう私たち青磁野リハビリテーション病院も願っています

QRコード
QRコード