青磁野リハビリテーション病院では、昨年「糖尿病予防チーム」を結成しました

医師・看護師・管理栄養士など多職種のスタッフが、患者様や介護されるご家族に糖尿病についての正しい知識を知っていただき、予防や治療に役立ててもらうのが目的です


今回、「城西地域コミュニティセンター」において「糖尿病教室」を開催しました


当院の内科医岩本が、糖尿病の原因や症状について、わかりやすくレクチャーしました

P5100525

P5100526

糖尿病は予備軍も入れると2210万人もいるという大変身近な病気ですが、適切な治療を受けたことがない人が4割近くもいるそうです。
なってからの治療はもちろん、ならないためにも日頃から食事、運動面での予防がとても重要です。



レクチャーの後は、健康運動指導士が、参加者のみなさんと一緒に自宅や高齢者でも出来る簡単な体操を行いました
DSCF4089

DSCF4094

今後も、
7月、9月、11月、3月の計5回にわたって教室を開催し、さまざまな視点から糖尿病についてレクチャーしていきます。


次回は
7月12日(土)です。お楽しみに