本日、14時より青磁野リハビリテーション病院の昼間想定防火訓練を行いました。


火災確認⇒応援要請⇒初期消火⇒通報⇒避難誘導の流れで、

実際に火災を想定して確実、迅速に行いました。
 

職員22名、模擬患者19名、合計41名の職員が訓練に参加しました。

IMG_0006

IMG_0012
病院での火災は、非難困難な患者さんが多数おられるので、人命第一で避難訓練を行います。

IMG_0018

IMG_0029

消防設備の説明を受け、改めて操作の確認をしました。


防火対策のポイントは・・・・

①火災を起こさないこと
②火災が発生したときは、速やかに通報すること
③火災が発生した場合は、非難誘導、初期消火などの迅速な対応
 

火災時はパニック状態となり、マニュアル通りにはならないことを想定し、関係者全員が無事非難できるよう体で覚えるように訓練をすることが必要です。

今後も色々なケースを想定して、訓練内容やメニューを変えるなどして、非常時にしっかり対応できるようにしていきたいと思います。