6月21日(土)、14時より当院、カームガーデンにおいて

『平成26年度 ご家族との集い』を開催しました

IMG_5767


今回のテーマは『介護予防とロコモティブシンドローム』についてでした

高齢者における介護予防の現状について(ささえりあ井芹 徳永航太さん)

ロコモティブシンドロームについて(理学療法士 木崎拓真さん他)
血圧・身長・体重・体脂肪率の測定コーナー、各種相談コーナー
ロコモ度テスト体験コーナー

を行いました。



患者様ご家族や地域の方々など79名の皆様にご参加いただきした
IMG_5771

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは?
骨・関節・筋肉などが衰え、暮らしの中で介護が必要になる危険性が高い状態のことです。

◆◆こんな症状思い当たりませんか?7つのロコチェック◆◆
 片脚立ちで靴下がはけない。
 家の中で、つまづいたり滑ったりする。
 階段を上るのに、手すりが必要である。
 横断歩道を青信号で渡りきれない。
 15分位続けて歩けない。
 2kg程度の買い物をして、持ち帰るのが困難である。
 (1の牛乳パック2個程度)
 家のやや重い仕事が困難である。
 (掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど。)

「日常の生活習慣」と「適切な対処の有無」によって、移動機能は大きく変わります。
年齢に関わらず、思い当たる習慣や症状がある場合には、生活習慣を見直す
運動習慣を身につける医療機関を受診するなど適切な対処が必要です。

移動機能とは
立つ・歩く・走る・座るなど、日常生活に必要な“身体の移動に関わる機能”のことです。

参加された方とご一緒にロコトレを行いました
また、血圧や身長・体重・体脂肪率の測定コーナーにも多くの方が来られました
IMG_5783


IMG_5749

多くの皆様のご参加ありがとうございました