1月30日(金)と2月4日(水)に、職員向けの腰痛予防教室を開催しました。
テーマは「腰痛予防のための移乗介助方法」57名の職員が参加しました

今回はその様子をご紹介します

まずは理学療法士の西村による講義からスタート
IMG_1445

IMG_1454

そして実技
こちらはトランスファーボードという用具を用いての車椅子移乗方法です。
IMG_1462

スライディングシートという用具も使用しました
青色の敷物がスライディングシートという道具で、寝ている方を上方にスライドし姿勢を直すことができます
IMG_1488
臥位へ。

IMG_1490
両骨盤側方に手を置き、ベッド上方へ水平に押す感じで移動させます。

IMG_1494
実際に試してみると・・・
スムーズに移動させることができたようで、みなさん驚いていました

前方重心介助法を試してみました
IMG_1482
頭は外側に 介助者の脇の下へ。

IMG_1483
介助者の手は脇から背中へ。

IMG_1484
フィニッシュ

他にも色々な移乗介助方法を体験しました

2025年には30万人の介護職員が不足するとも言われているそうです
ワイルドな介護動作による腰痛を予防するためにも、今回学んだことを活かしていきたいと思います