6月17日(金)当院カームガーデン(多目的ホール)において、
明日の看護を考える会6月例会が開催されました。

明日の看護を考える会は、
熊本市西部地区の4病院(熊本泌尿器科病院、慶徳加来病院、福田病院、
青磁野リハビリテーション病院)で構成されている会で、
毎年さまざまな研修会や懇親会が開催されています

6月例会のテーマは接遇研修
講師は、株式会社NEAT代表の高木奈穂先生です

DSCF5163

IMG_4677
みなさん、先生の話に引き込まれています。すごい集中力です

表情、目線、視線、挨拶、動作、言葉遣い…
医療機関に勤めるものとして身につけておきたい接遇マナーについて、
実践を交えながらの研修でした

たとえば「お辞儀」

ポイントはながら動作をしないこと
歩きながら、言葉を発しながら…ではなく、
ひとつひとつを分けることで、きびきびとカッコイイ印象になります

患者さんとすれ違う時には、
立ち止まり、
スッと一歩引いて道をゆずり、
こんにちは!と歯切れの良い挨拶をし、
お辞儀をする
IMG_4681-1
各病院の新入職員のみなさんが前に出て、実演してくれました

お辞儀は、カウント1で頭を下げ、2・3・4で上げると美しく見えます
では、もう一度練習…
笑顔で「よろしくお願いします!」と挨拶をし、
お辞儀をする
IMG_4688-1
最初はぎこちなかったお辞儀も、練習をするうちにスムーズに
みなさんも、ぜひ実践してみてくださいね

今回の研修で学んだことを活かし、
どんなときでも、相手の心に届く接遇を心がけていきたいと思います