7月26日(火)城西地域コミュニティーセンターにて、栄養教室開催しました。
外来通院中・入院中の患者様、及びそのご家族の方が対象で、5名の方が参加されました。

テーマは、「脱水予防について」

脱水での外来・入院患者さんが増えてきている中、
「予防」についてのお話を調理実習を含めて説明しました 
 
 高齢者は脱水になりやすい
   ・腎臓の機能低下の為、老廃物を排泄する為多くの水分(尿)が必要となり、
    水分が失われやすい。
   ・食欲不振により水分摂取量が減っている。
   ・誤嚥・失禁を恐れて水分摂取量を控えている。
   ・のどの渇きが感じにくくなっている。
  
 水だけの補給は悪循環
   ・脱水症状になりかけている時には、水分と塩分(電解質)が失われている為、
    電解質が入っていない水分を摂ると利尿作用が促され、脱水症状が改善されない。

 脱水の予防と改善
   ・食事をきちんととる。
   ・こまめに水分をとる。
   ・寝る前後、入浴する前後、運動する前、運動中、運動した後、飲酒後は必ず水分をとる。
   ・脱水症状の時は水分と塩分、糖分を一緒にとる。(糖分のとりすぎに注意)

 脱水は治療よりも予防が大切
   ・脱水時におすすめの経口補水液(ORS)の作り方

 【作り方】
   ①トマトジュース(無塩)…300ml
   ②水…700ml
   ③塩…3g(小さじ1/2杯)
   ④砂糖…40g(大さじ4と1/2杯)

   ①~④をかき混ぜてできあがり

DSC_0235
実際にみんなで作ってみました
市販の物では「OS-1」や「アクアソリタ」などもありますので、
買い置きしておくのも良いかと思います

そして、調理実習では、水分や塩分やカリウムを補給しやすく、
食欲不振時にも食べやすい食事を作りました

メニューは・・・
 七夕そうめん
 なすとひき肉のカレー炒め
 おくらのオカカ和え
 すいか

DSC_0239

DSC_0243
参加者の皆様からは、簡単に作れて美味しかったの声が聞かれました

DSC_0249
本日の合計カロリーは485kcal、蛋白質18.6g、塩分4.2gでした


みなさんも栄養をしっかりとって、脱水症状には十分注意しながら、楽しく夏を過ごしましょう