11月5日(土)当院カームガーデン(多目的ホール)において、
ご家族との集いを開催しました

テーマは『震災後の心身における変化~メンタルヘルスケアについて~』

患者さんや患者さんのご家族、民生委員の方々など、
70名がご参加くださいました

 

講師には武蔵ヶ丘病院 心療内科部長の佐藤正先生をお招きし、
震災後にみられた事例などをお話しいただきました。
kazoku_1

 

武蔵ヶ丘病院では、
認知症予備軍である「軽度認知障害(MCI)」を調べる
“MCIスクリーニング検査”ができるそうです。


震災の前後でこのMCIスクリーニング検査の結果を比較すると、
震災後の方が陽性の割合が高くなったとのこと


認知症の予防には、

 有酸素運動

 バランスの良い食事

 楽しめる趣味

 質の良い睡眠

などが有効だと言われていますが、震災の影響で日常生活が送れなくなり、
これらが今まで通りにできなくなったことも要因なのかもしれません

 

また、佐藤先生が、病院やクリニック、施設、民生委員さんなどから収集された、
たくさんの事例もご紹介いただきました

 

ストレスの緩和には、隣人や職場での支えあいが
とても役立っていたそうです

 

講演のあとには、当院の田口健康運動指導士がリラックス体操を行いました

癒しの音楽の中で行う体操は、身も心も本当にリラックス~

気持ちよく体を動かしました
kazoku_2

そのほか、いつもの血圧・身長・体重・体脂肪測定コーナー、
各種相談コーナーもご利用いただきました

みなさん大変熱心で、「家に帰って資料を読み込みます」との
コメントもいただきました

たくさんのご参加、ありがとうございました