11月24日(木)、25日(金)の2日間にわたり、
病院機能評価を受審しました。

病院機能評価とは、組織全体の運営管理および提供される医療について、
日本医療機能評価機構が中立的、科学的、専門的な見地から評価を行う
病院の質改善活動を支援するツールです


評価項目は・・・
 患者中心の医療の推進
 良質な医療の実践1
 良質な医療の実践2
 理念達成に向けた組織運営

上記4つの領域について、各専門領域(診療管理、看護管理、事務管理)の
知識と経験を有する評価調査者が実際に病院を訪問して審査され、
一定の水準を満たした病院は「認定病院」となります


当院は平成18年にVer.5、平成23年にVer.6の認定を受け、
今回は3rdG:Ver.1.1の3回目の受審でした。

受審当日の様子です 書類確認や面接調査、病棟訪問調査等が行われました
IMG_0523

DSCF9117

DSCF9124
今回、病院機能評価の更新受審をするにあたり、全職員一丸となって準備を進め、
改善すべき点と向き合う良い機会となり、質改善にもつながったと思います
また同時に、今後取り組むべき課題も明確になりました

これからも、
「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」
という気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる福祉の実現を
全職員一丸となって目指していきます