当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

8月の活動報告です
 23日(木) 面木(おものき)地区介護予防事業(面木公民館)
 27日(月) 熊本地域リハビリテーション広域支援センター
          「合同連絡会兼研修会」(ウェルパル熊本)



「面木地区介護予防事業」の様子です
1
今年度1回目の体力測定
ささえりあ金峰のスタッフ協力のもと、8名の測定を行いました

2
測定後は、頭の体操を実施し楽しく体を動かしました


「広域支援センター合同連絡会兼研修会」の報告です
テーマ:「熊本市の一般介護予防事業『くまもと元気くらぶ』について」
連絡会
  ①『くまもと元気くらぶ』の取組状況について 
  ②『おとな世代の元気づくり手帖』について
      熊本市高齢介護福祉課 地域包括ケア推進室  塚本 裕子氏
  ③『くまもと元気くらぶ』活動状況報告
     熊本託麻台リハビリテーション病院  宮原 菜穂子氏
     ケアサポートメロン  松本 将平氏

研修会
  ①市が推奨する新たな運動について
     青磁野リハビリテーション病院  田口 崇氏
     朝日野総合病院  京極 大樹氏  森 賢二郎氏
  ②運動器機能評価について
     江南病院  野原 慎二氏
1
熊本市内にある地域包括支援センターや各事業所職員など約130名が参加されました
連絡会では「くまもと元気くらぶ」の現状として、体操の効果や実際の活動内容について報告がありました

2
研修会は「くまもと元気くらぶ」で実施されている「いきいき100歳体操」とは別に、
新たに熊本市より実施が認められた「よかばい体操」(当院作成)と
「かたんなっせ体操」(朝日野総合病院作成)の紹介を行いました