こんにちは、ささえりあ井芹です

横手の四方池公民館で「城西6町内元氣くらぶ」が始まりました
初回は2月7日(木)に行われ、24名の老人会メンバーの方が参加されました。

元気くらぶとは ・・・
「 いつまでも住み慣れた地域で、元気で長生きを目指して皆で一緒に運動に取組みましょう 」
という目的で、熊本市の補助金を利用した介護予防事業のことです。

この事業は数年前から国が熱心に勧めており、熊本でも様々な「くらぶ」が運動に取り組んでいる最も旬な活動なんです

城西校区では、5町内に続いて2番目の元気くらぶです
6町内の老人会の皆様が立ちあげられ、ささえりあ井芹は協力支援しました。

初回は今の自分の体力を知るために、5項目の体力測定を受けていただきました。
DSC04509
握力測定の様子です。握力が低下するとペットボトルの蓋が開けられなくなります


DSC04512
転ばないように、でもできるだけ早くしっかりと歩く・・・カーブは特に慎重に

DSC04527
リハ職員の指導を受けながら、ひとつひとつの動作を確認しました。

DSC04522
最後に、「よかばい体操」のDVDの映像に合わせて、前半はストレッチ運動・筋トレを行います。
後半は熊本ゆかりのサンバおてもやんの軽快な音楽に合わせたリズム体操です
脳トレも取り入れた素早い動きで30分が終わった頃には全身がぽっかぽかに・・・。

これから始まる 『城西6町内元氣くらぶ』を、ささえりあ井芹は応援していきます。
皆さん、元気で長生き健康寿命を延ばすために介護予防始めませんか