こんにちは

1月なのに、春のような暖かさが続いていますね
これも地球温暖化の影響でしょうか、心配ですね。

さて、医療の現場では日本で看護や介護を学び、それを将来母国の
現場で生かそうと頑張っている若い人材がたくさんいます

当院では、前回のブログで紹介した韓国からの実習生が、
無事3か月の実習を終えました。

すっかり馴染んで、つい実習生だったことを忘れてしまうほど
IMG_7144
実習を終えた感想を聞いたところ、
「あっという間だった」「みんなとても優しかった
「高齢者の看護をもっと深く勉強したい
と、嬉しい言葉を送ってくれました。


韓国で看護師を目指すための道のりや、韓国文化についても
上手な日本語で紹介してくれました
私も何度か行きましたが、また行きたくなりました
IMG_0250

そして、今月からはベトナムからの実習生が来てくれています
彼女のチャームポイントはなんといっても、この笑顔
IMG_7142
日本語はまだまだ猛特訓中ですが、笑顔は世界共通ですね
早くもスタッフの名前を覚えるなど、日々成長中です。

IMG_0248
たくさんのスタッフが見守る中、一生懸命自己紹介
思いは十分伝わりました

これからの時代、狭い世界で凝り固まっていてはいけないなと、つくづく感じました。
育った環境が違っても、お互いを認めて、助け合って、みんなが幸せな気持ちで
働けるよう、職員一同頑張っていきたいと思います