青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

地域とのふれあい

第11回せいじのわくわく健康塾を開催しました!

令和元年10月25日(金)当院4階カームガーデン(多目的ホール)において、
『第11回せいじのわくわく健康塾及びご家族との集い』を開催しました

今回のテーマは『 いまを生きる。あたなへ ~自分らしく人生を最期まで生きるために~ 』
第1部では、熊本市 保健所 医療政策課の方より、メッセージノートの説明や
延命治療における医療処置のお話などがありました。

IMG_6383

5_17999_124730_up_GA235XJJ

メッセージノートとは・・・?
病気や介護が必要になったとき、慌てないように、困らないように、
そして人生の最期をどのように迎えたいかなど元気な時から事前に考えたり、
家族と話し合ったりするきっかけの一つとして、熊本市が作成されたものです。

IMG_6391
寸劇なども交えて、分かりやすく楽しく説明していただきました

第2部では、当院のLMD研究会より、
『 当院におけるレット・ミー・ディサイド~自分で決める自分の医療~ 』について
病院やグループホームでの事例の紹介や取組みについてお話しました。
IMG_6405

レット・ミー・ディサイド(Let Me Decid)では、
病気や事故で自分の気持ちが伝えられなくなったときに備えて、
元気なうちから自分の希望する治療などを考えたり、
家族や身近な人たちと話し合ったりすることを大切にしています。
これは、第1部のメッセージノートと共通する考え方ですね

IMG_6401

メッセージノートや事前指定書に記載されている医療機器の紹介を行い、
実際に手に取っていただきながら説明しました。
これはどういう時に使うの?など、とても興味を持っておられました

IMG_6406

参加された方からは・・
「自分の意志(気持ち)を家族に伝えたいと思います。」
「これから家族で話し合いたいと思いました。」など、多くのご意見をいただきました

誰にでも死が訪れます。亡くなることの話をすることは「縁起でもない」とか
「まだまだ元気だから」と普段の生活からついつい後回しになりがちなことかもしれませんが、
元気な時だからこそこれまでの人生を振り返り、これから何を大切にしてどのように
生きていきたいかなど家族や身近な人と話し合ったり、考えてみてはいかがでしょうか?

今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【令和元年9月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

2019年9月の活動報告です  
  5日(木) 松尾東2町内介護予防事業(松尾町第2町内公民館)
 11日(水) 小島中町地区介護予防事業(小島校区公民館)
 27日(金) 大将陣地区介護予防事業(大将陣第3区公民館)



「松尾東2町内介護予防事業」の様子です

1
7月に実施した体力測定の結果説明を行いました

2
ご自身の体力の現状が分かり、体操にも力が入ります

「小島中町地区介護予防事業」の様子です
3
今回初めてお邪魔しました
最初に体力測定を行い、その後ストレッチ体操や筋力トレーニングで汗を流しました

4
毎月1回15名程が集まり、体操を頑張られているそうです

「大将陣地区介護予防事業」の様子です
5
今年度1回目の体力測定

6
参加者の皆さんからは、「片脚立ち」と「握力」の種目が苦手との声が多く聞かれたため、
苦手克服トレーニングとして、足指、手指でのタオルたぐり寄せ運動を紹介しました


地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【令和元年8月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

2019年8月の活動報告です  
 22日(木) 面木地区介護予防事業(面木公民館)
 23日(金) 小島地区介護予防事業(小島ふれあいの集い)(小島地域コミュニティーセンター)



「面木地区介護予防事業」の様子です
参加者8名でタオル体操を楽しみました

1
手指の運動→タオルをロール状に丸める。
2
足指の運動→タオルを足の指でたぐり寄せる。

簡単そうに見えますが、実際にやってみると難しいです
みなさんもぜひチャレンジしてみてください

「小島地区介護予防事業(小島ふれあいの集い)」の様子です
3
今回は男性参加の日
男性17名で、ストレッチ体操や筋力トレーニングを行いました

4
片脚立ちが苦手との声が多かったため、下肢筋力強化のトレーニング方法をご紹介しました

第32回島崎サマーフェスティバル!!

8月4日(日)島崎繁栄会主催の島崎サマーフェスティバル
石神山公園で開催されました

DSC_4122
金澤会からも毎年新入職員や福祉部の職員が中心となってボランティアで参加しており、
今年は35名の職員が参加
16時のフェスティバル開始に向け、さっそく準備開始です

DSC_4126
みんなで力を合わせて頑張るぞ~

DSC_4131

DSC_4128
金澤会は福引、ジュース、ラムネ、かき氷、スーパーボールなどを担当

この日は猛暑日で、特にかき氷は大盛況
なが~い行列ができ、テント内は大忙しでした

また、ステージでは様々な催し物があり、当法人からはせいじの★BANDが出演
1_DSC2688

1_DSC2808
上を向いて歩こう恋するフォーチュンクッキーなどの演奏やダンスが披露され、会場は大盛り上がり

楽しい時間はあっという間に過ぎ、夜9時にフェスティバルは終了

参加した職員一同、地域の皆様と貴重な時間を過ごすことができました

地域リハビリテーション広域支援センターの活動報告【令和元年6月】

当院は、地域リハビリテーション広域支援センターとして熊本県より指定を受け、
市町村、医療機関、介護老人保健施設、地域包括支援センター等の
地域におけるリハビリテーション実施に携わる方々への支援を行っています

2019年6月の活動報告です  
  4日(火) 田崎地区介護予防事業(田崎団地集会所)
 20日(木) 大多尾地区介護予防事業(大多尾公民館)



「田崎地区介護予防事業」の様子です
1
準備体操で体をほぐした後は、体力測定にチャレンジ

2
最後はみんなで円になり、頭の体操を楽しみました


「大多尾地区介護予防事業」の様子です
3

4
皆さん真剣な表情で、体力測定に参加されています

ご自身の体力の現状に関心がある方が多く、
測定後も自宅でのトレーニング方法について質問がありました




QRコード
QRコード