青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

職員研修

神経難病に関する勉強会を開催しました

平成30年1月25日(木)、当院において「神経難病に関する勉強会」を開催しました。

講師に、熊本大学医学部附属病院 神経難病診療体制構築事業 特任教授 山下 太郎 先生をお招きして
「神経難病の基礎知識と最新の知見」と題してご講義いただきました

20180125_173227

高齢化社会を迎え患者数が増加しているアルツハイマー病の治療では、
Dat-scan(ダットスキャン)検査を用いて画像診断を行うことで、
早期診断により早い段階での治療が可能になったとのことです。

そのほか、脊髄小脳変性症や多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気について、
一つ一つ丁寧に説明していただきました。

20180125_174036

また、山下先生は神経難病診療体制構築事業の一環として、人材育成と診療支援を目的に
『肥後ダビンチ塾』を開講されています。

神経難病診療体制構築事業とは・・・
神経内科のみならず、神経内科を専門としない医師、看護師、理学療法士、薬剤師、相談員など
他職種の医療従事者に神経難病に関する理解を深め、神経難病患者の診療施設や入院可能な病床を創出し、
熊本県内の神経難病患者に十分な医療、療養環境を提供することを目的として、
熊本県地域医療介護総合確保基金の支援を受けて発足した事業です。

   ~平成29年度講習会予定~
平成29年5月  神経難病患者の災害対応
平成29年7月  NPPV(非侵襲的陽圧換気)について
平成29年7月  改定された医療費助成制度について
平成29年11月  ロボットスーツ(HAL)
平成30年1月  事例検討ワークショップ
平成30年2月  コミュニケーション(オリヒメ)
平成30年3月  神経難病のレスパイトケア

20180125_183147

本日は、当院職員のほか、近隣医療機関の先生方にもご参加いただきました。
質疑応答では、活発な意見交換が行われ、神経難病について理解を深めることが出来ました。

平成29年度 看護・介護研究発表大会 

12月7日(木)、12月8日(金)の2日間にわたり、
『平成29年度 看護・介護研究発表大会』を開催しました

各部署で日常の看護実践を振り返り、
看護・介護技術の改善活動及び教育の一環として、毎年行っています

今年は8題の発表がありました

1.けあまっぷ城西「独居要介護者の自立支援ケアマネジメント~実態調査の検証と今後の課題」
2.外来    「感染対策の意識向上~アルコール手指消毒使用量アップへの取り組み」
3.東1病棟  「内服自己管理の服薬事故を起こした要因 ~情報分析して見えた傾向と今後の課題~」
4.東2病棟  「カーデックスの形式を検討~情報の共有と伝達ミスの軽減を図って~」
5.北病棟   「間歇的経口胃経管栄養法の有効性~過去2年間の実績から見えてきたもの~」
6.南1病棟  「排泄ケアを考える~QOL向上を目指して~」
7.南2病棟  「手指消毒剤使用向上に向けた取り組み」
8.青翔苑   「入所職員全員がケアプランに沿った記録を目指して」

IMG_3754

IMG_3759

質疑応答もあり、充実した発表会となりました
日頃の自分たちの取り組みをまとめて発表することで、
今後のスキルアップや業務改善につなげていきます

秋の新人リフレッシュ研修会

1116()13:3017:00、当院カームガーデン(多目的ホール)において、
秋の新人リフレッシュ研修を開催しました
4月1日の入職者を中心に、20名の職員が参加

第1部 理事長、院長講話
理事長・院長の新人の頃の話や、どのような職員になってほしいか、
これからどうがんばっていけばいいか等、話をしていただきました
IMG_2306

IMG_2314

新入職員からは、
「在宅医療について、家に帰るためには何が必要か考え、
病棟でも在宅に向けての看護ができたらいいと思いました」
「焦る気持ちや落ち込むこともあったけれど、目の前のことを一つ一つ、
精一杯行っていこうと思いました」
といった感想がありました



第2部
先輩たちの体験談
看護師、理学療法士の2名の先輩に、
入職してから今までの体験談を語ってもらいました
IMG_2318

IMG_2332
先輩職員が今までに苦労したり、悩んだりしたこと、
それをどういう風に克服してきたかを話してもらい、
「共感できた、励ましになった」という感想が多くありました


講義『リスク・コミュニケーション(SBAR・5S)』
IMG_2341
SBAR(エスバー)・5Sについての講義がありました
「どのように報告したらよいのか、誰に相談するべきかなど悩むことも多々あるけれど、
全ては患者さんにつながるため、ホウレンソウや5W1H、SBARなどを活用して
適確に伝えていきたい」
といった感想がありました


グループワーク
研修の最後には、グループごとに意見交換をしました
IMG_2376
入職してから現在までにできるようになったこと、不安に思っていること、
今後の目標など、意見を出し合いました

IMG_2380
話し合った後で、グループごとに出た意見をまとめ、
各グループの代表者に発表してもらいました


それぞれの不安や悩み、がんばっていることを話すことで、
少しでも不安が解消され、気持ちもリフレッシュできたのではないかと思います
同期や他職種の職員と交流する機会をこれからも大切にしていきたいですね




夏の新人リフレッシュ研修


7月25日(土)12:00~13:30、
当院カームガーデン(多目的ホール)において、
新入職員を対象としたリフレッシュ研修を行いました

入職して約4ヶ月、それぞれの経験を振り返り、
入職後うれしかったこと、不安なこと、趣味やストレス発散方法について、
お弁当を食べながら自由に話してもらいました
 


IMG_1709
IMG_1708
  どのグループもリラックスした雰囲気で会話を楽しんでいました

IMG_1710
IMG_1711
IMG_1712
IMG_1713


色々な部署の人たちと話をすることで、
リフレッシュする良い機会になったのではないでしょうか

参加者からは、
「普段話す機会のない、他職種の方々と話すことができて楽しかった」
「同期の悩みや楽しいことを共有できてよかった」

などの感想を聞くことができました




看護部 新人入職後フォローアップ研修

新入職員が入職して早1ヶ月・・・
看護部では、5月10日(水)、入職後のフォローアップ研修を行いました
今回の内容は・・・
 第一部 薬剤の誤認防止の講義とデモンストレーション
 
第二部 ランチョンミーティング(意見交換会)

まずは第一部
1_説明
はじめに、先輩看護師から手順の説明を受けます


2_説明2
皆さん真剣な面持ちで聞いていますね

3_実施1
説明を受けた後はデモンストレーション
指さし呼称で確認し、間違いがないようにしています


そして、第二部1ヶ月間お疲れさまでしたランチョンミーティング


5_ランチョン1

6_ランチョン2
今までの研修の緊張から解放された笑顔が素敵です
ともに乗り越えた1ヶ月間、新人同士の絆も生まれ、和気あいあいとした雰囲気で、
楽しいランチョンミーティングの時間となりました

新人を含め、職員一同、今後も自己研鑽を重ね、患者様のお力になれるよう頑張ります

QRコード
QRコード