青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

その他

寒い冬を乗り切るための体力づくりをしませんか?

今年は暖冬といいますが、それでも寒い日もありますよね
冬は風をひきやすくなったり、肩が凝ったりと体の不調をきたしやすい季節です
(私も寒くなると体が縮こまってしまい、肩や腰が痛くなります

そんな季節だからこそ、筋力トレーニングはいかがでしょうか

筋肉を動かすとこんないいことがあります

①体温を上昇させ、免疫力アップを図ることができる
②血液循環がよくなり、体の冷えや肩こりなどを解消することができる


~~ おすすめの運動 ~~


スクワット(膝の曲げ伸ばし)
図1
足を肩幅に開き、足先は30度程度外に開く
腰を下ろすようにゆっくりと膝の曲げ伸ばしを行う
5~6回を1日3回行う(目安)
※注意※ 膝の位置が足先より前に出ないようにしてください。


しっかりと体を動かし、寒い冬を元気に乗り切りましょう


医療の現場で国際交流!

こんにちは

1月なのに、春のような暖かさが続いていますね
これも地球温暖化の影響でしょうか、心配ですね。

さて、医療の現場では日本で看護や介護を学び、それを将来母国の
現場で生かそうと頑張っている若い人材がたくさんいます

当院では、前回のブログで紹介した韓国からの実習生が、
無事3か月の実習を終えました。

すっかり馴染んで、つい実習生だったことを忘れてしまうほど
IMG_7144
実習を終えた感想を聞いたところ、
「あっという間だった」「みんなとても優しかった
「高齢者の看護をもっと深く勉強したい
と、嬉しい言葉を送ってくれました。


韓国で看護師を目指すための道のりや、韓国文化についても
上手な日本語で紹介してくれました
私も何度か行きましたが、また行きたくなりました
IMG_0250

そして、今月からはベトナムからの実習生が来てくれています
彼女のチャームポイントはなんといっても、この笑顔
IMG_7142
日本語はまだまだ猛特訓中ですが、笑顔は世界共通ですね
早くもスタッフの名前を覚えるなど、日々成長中です。

IMG_0248
たくさんのスタッフが見守る中、一生懸命自己紹介
思いは十分伝わりました

これからの時代、狭い世界で凝り固まっていてはいけないなと、つくづく感じました。
育った環境が違っても、お互いを認めて、助け合って、みんなが幸せな気持ちで
働けるよう、職員一同頑張っていきたいと思います

韓国の実習生さんが頑張っています!

当院では、日韓グルーバル・インターンシップ・プログラムとして
令和1年11月18日(月)~令和2年1月24日(金)の10週間、
韓国の大学生2名を実習で受け入れています


ささえりあ井芹の職員とパシャリ
IMG_7129
チョン・ジワン君ジョン・セリムさんです
(写真の左から3番目がジワン君、その隣がセリムさんです)

お二人は、病院やグループホーム、ヘルパーステーション、包括支援センターなど
法人内の様々な事業所で研修を行っています
IMG_7127

IMG_7131

公民館に出かけて地域の皆さんと触れ合ったり、グループホームでは入居者の方々と
食事を作って、一緒に食べたり、デイサービスの利用者さんと初詣に出かけたりと
様々な経験をすることができたようです

ジワン君は、日本と同様に韓国も少子高齢化が進んでいるため、今回の実習で高齢者への
ケアや介護などを学び、韓国で取り入れることが出来たら素晴らしいなあと話していました

セリムさんは、毎日「実習、楽しいですと言いながら、ニコニコして実習に取り組んでいます

実習も残り少なくなりましたが、最後まで頑張りましょう

インフルエンザが流行しています!!

いよいよ本格的に2020年が始まりました
今年はオリンピックなど大きなイベントを控え、国内外から
たくさんの人が大移動することになりそうですね
賑やかで楽しい反面、「感染症」のリスクにも十分気を付けましょう

当院では、感染管理認定看護師を中心に、患者さんや職員たちを感染症のリスクから日々守っています


IMG_7126
感染対策のリーダーとして、法人内の感染症の発生を予防し、発生後も速やかに対応します

IMG_7120
週1回の病院内のラウンドの様子です。ICT(感染対策チーム)のメンバーと一緒に、全病棟の状況をチェックし、対策をアドバイスして回ります

今回は、現在熊本でも猛威を振るっている「インフルエンザウイルス」
について、予防と対策を教えてもらいました

Q 予防にはどんなことを気を付ければいいですか?

A ワクチンを接種する
  手洗いとアルコールによる手指の消毒(外出時・帰宅時・食前は特に
  バランスのとれた食事と十分な休養
  適度な湿度(50~60%)を保つ
  流行時には人混みへの外出は避ける
  人混みなど外出時にはマスクを着用する
 
などがあります。自分がかからないように注意するのはもちろん、他の人にうつさない
ために、「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに病院を受診しましょう

新年明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます

IMG_7097

令和になって初めてのお正月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか
初詣や初日の出を見に出かけられた方も多いかと思います

ところで・・・
これからの時期はお餅を食べる機会が増えてくると思います
お餅はベタベタしており、のどの粘膜にくっつきやすいため、一口で頬張らないよう注意が必要です

~~ 言語聴覚士からの食べるときの注意点 ~~

 お餅は小さく切りましょう。
 食べる前に、お茶や汁物などを飲んで喉を潤しましょう。
 ゆっくりとよく噛んで、唾液と混ぜ合わせてから飲み込みましょう。『お茶などで流し込む』はダメです。
 食べながら、おしゃべりすることは避けましょう。

DSC_0426-2
(当院の言語聴覚士です

お餅は、乾いているとくっつきやすいため、食べるときは汁物の中に入れたり、大根おろしなど
水分があるものと和えることをおすすめします


2020年も「青磁野イベントブログ」をさらに楽しく見ていただけるよう頑張ります
本年も引き続きよろしくお願いいたします

皆様にとって素晴らしい一年となることをお祈り申し上げます。

青磁野イベントブログ スタッフ一同

QRコード
QRコード