青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

その他

☆夏の作品展☆開催中です!!

平成30年8月20日(月)~9月1日(土)の期間、当院1階待合室において、
デイサービスセンターファインテラス夏の作品展「日々のがんばり展」を開催しています

IMG_3869
デイサービスセンターファインテラスのご利用者の皆さまが心を込めて作られた作品を展示中です

IMG_3871

IMG_3872
うちわや風鈴など涼を感じられる作品もありますよ~
他にも素敵な作品がたくさん展示していますので、この機会にぜひお立ち寄りください




第1回広域支援センター研修会・連絡会議

平成30年7月12日(木)当院カームガーデン(多目的ホール)にて、
平成30年度 第1回広域支援センター研修会・連絡会議を開催
当日は、西区役所や包括支援センター、地域事業所などから
50名の方がご参加くださいました

最初に、熊本市西区役所の大道様、北岡様より、
くまもと元気くらぶの現状について報告していただきました。
1
テーマ:「熊本市一般介護予防事業くまもと元気くらぶについて」
        熊本市西区役所福祉課 保健師 主任技師 大道 加奈江 様
                       介護予防担当     北岡 紗千子 様

続いて、桜が丘病院の田尻様より、精神科作業療法士として
日頃、患者や地域住民とどのように関わっているかを紹介していただきました。
2
テーマ:「精神科作業療法士による心とからだの健康づくり」
       特定医療法人富尾会 桜が丘病院 地域密着リハセンター
        作業療法室長 田尻 威雅(たけのり) 様

3
日頃行っている体操を参加者同士で実際に体験することもでき、
楽しく研修会を受講することができました

4
その後の連絡会議では、くまもと元気くらぶの活動にご尽力いただいている
地域包括支援センターや地域密着リハセンター、受託事業所の皆様と
日頃、活動している中での疑問点や課題などを挙げ、意見交換を行いました

高校生1日看護体験

看護協会主催の高校生1日看護体験で、
7月26日と27日の2日間、高校生16名を受入れました

高校生1日看護体験は、熊本県看護協会の主催による「看護の日」記念事業の一つとして、
これからの社会を担っていく世代である高校生に実際の看護を体験する場を提供し、
看護の心を理解してもらうことを目的として実施されています

DSCF9536-2
まずは開校式
そして、いよいよ看護体験のスタートです

DSCF9598
血圧測定について、先輩看護師から説明を受けます

DSCF9592
その後は実際に高校生同士で測定

DSCF9602-2
処置、ガーゼ交換の見学や・・・

DSCF9606-2
車いすも体験し・・・

DSCF9547-2
リハビリについても学びました

DSCF9576-2
徐々に緊張もほぐれ、笑顔もみられるように・・・

DSCF9608-2
看護体験後には意見交換会も実施し、
「大変勉強になりました」「看護師になります」など、嬉しいお言葉が・・・

DSCF9612
最後は閉講式参加されたみなさん、一日お疲れさまでした
一人でも多くの方が看護職を目指してくださることを願っています

看護体験 担当者一同

汎アメリカ保健機構より視察に来られました!

平成30年7月20日(金)、
アメリカ保健機構(PAHO)/世界保健機関(WHO)アメリカ地域事務局より、
2名の方がサービス付き高齢者向け住宅ファインテラスせいじの」の視察に来られました

今回、世界でも最も高齢化の進んでいる日本の実情を視察し、
各国の今後の高齢化対策のマニュアル作成などに活用されます

IMG_3752
まずは、介護保険制度の仕組みや地域包括支援センターの取組みなどについて説明を行いました。
その後、医療保険と介護保険の制度や、訪問介護・訪問看護の制度のことなどについて
質問がありました。

制度の説明の後は、お部屋を視察
IMG_3757

IMG_3759
世界的に高齢化が進む中、今回の視察が少しでもお役に立てればと思います

【汎アメリカ保健機構 Pan American Health Organization(PAHO)】
PAHO(アメリカ保健機構)は、WHO(世界保健機関)のアメリカ地域事務局で、
南米アメリカ大陸の住民の健康と生活状況の改善を目的に活動を実施しています。
限られた資源のもと、効率的に公共の保健医療サービスを住民に届けています。

近年、再興・新興感染症のみならず、生活習慣病や癌疾患への対策にも目を向けて
活動しており、WHO本部とは別の独自の活動も多くあります。

特に災害対策分野での対策・活動は秀でており、対策のための様々なマニュアルを
発行しています。

リハビリテーション部★新人紹介★

今回のブログでは、リハビリテーション部の入職1年目のスタッフをご紹介します
今年の4月に理学療法士1名、作業療法士1名、言語聴覚士1名が仲間入りしました

理学療法部門
1
「元気の良さと笑顔が取り柄なので、元気と笑顔を絶やさずリハビリに励みます


作業療法部門
2
「患者様の気持ちに寄り添えるような作業療法士を目指して頑張ります


言語聴覚療法部門
3
「フレッシュな気持ちで頑張りますので宜しくお願いします


今年も個性あるスタッフが仲間入りしました
目標に向かってお互いに支えあい、患者様の思いに応えられるように頑張ってほしいです

QRコード
QRコード