青磁野イベントブログ

青磁野(せいじの)リハビリテーション病院および関連施設は熊本県熊本市の西区で活動しています。
私たちは、「Be the Best Partner:いつも頼れるパートナーでありたい」という
気持ちを大切に、社会から信頼され必要とされる医療と福祉の実現を目指しています。
このブログでは、職員の活動やイベントをお届けしていきます。

栄養科だより

☆創立記念日☆

8月1日は当法人の創立記念日

入院患者さんにも記念の行事食を提供しました
メニューは・・・
DSC_1553
赤飯、天ぷら盛り合わせ、もずく酢、花麩のお吸い物、祝い万十

DSC_1554
今年は頑張ってカードを立体的に作成しました

8月6日(日)には創立71周年記念式典が執り行われます。
その様子も後日ご紹介します


☆ひな祭り☆

3月3日はひな祭りでしたね
ひな祭りは、女の子の健やかな成長と幸せを願う日本の伝統行事です
当院でも患者さんに季節を感じてもらえるよう行事食を準備しました

メニューは・・・
 ちらし寿司
 天ぷら盛り合わせ
 菜の花のお浸し
 蛤の潮汁
 ひな饅頭
2017ひな祭り-3

菜の花や蛤など、季節の食材を使って彩り良く仕上げました
特にひな饅頭は「かわいい」と患者さんから好評でした

花粉飛散も始まりこれからが春本番
しっかり食事を摂り免疫をつけて新年度に向け準備しましょう

7月栄養教室

7月26日(火)城西地域コミュニティーセンターにて、栄養教室開催しました。
外来通院中・入院中の患者様、及びそのご家族の方が対象で、5名の方が参加されました。

テーマは、「脱水予防について」

脱水での外来・入院患者さんが増えてきている中、
「予防」についてのお話を調理実習を含めて説明しました 
 
 高齢者は脱水になりやすい
   ・腎臓の機能低下の為、老廃物を排泄する為多くの水分(尿)が必要となり、
    水分が失われやすい。
   ・食欲不振により水分摂取量が減っている。
   ・誤嚥・失禁を恐れて水分摂取量を控えている。
   ・のどの渇きが感じにくくなっている。
  
 水だけの補給は悪循環
   ・脱水症状になりかけている時には、水分と塩分(電解質)が失われている為、
    電解質が入っていない水分を摂ると利尿作用が促され、脱水症状が改善されない。

 脱水の予防と改善
   ・食事をきちんととる。
   ・こまめに水分をとる。
   ・寝る前後、入浴する前後、運動する前、運動中、運動した後、飲酒後は必ず水分をとる。
   ・脱水症状の時は水分と塩分、糖分を一緒にとる。(糖分のとりすぎに注意)

 脱水は治療よりも予防が大切
   ・脱水時におすすめの経口補水液(ORS)の作り方

 【作り方】
   ①トマトジュース(無塩)…300ml
   ②水…700ml
   ③塩…3g(小さじ1/2杯)
   ④砂糖…40g(大さじ4と1/2杯)

   ①~④をかき混ぜてできあがり

DSC_0235
実際にみんなで作ってみました
市販の物では「OS-1」や「アクアソリタ」などもありますので、
買い置きしておくのも良いかと思います

そして、調理実習では、水分や塩分やカリウムを補給しやすく、
食欲不振時にも食べやすい食事を作りました

メニューは・・・
 七夕そうめん
 なすとひき肉のカレー炒め
 おくらのオカカ和え
 すいか

DSC_0239

DSC_0243
参加者の皆様からは、簡単に作れて美味しかったの声が聞かれました

DSC_0249
本日の合計カロリーは485kcal、蛋白質18.6g、塩分4.2gでした


みなさんも栄養をしっかりとって、脱水症状には十分注意しながら、楽しく夏を過ごしましょう

☆七夕☆

7月7日は七夕
1年間の重要な五節句の一つですね
そして、七夕の行事食と言えば「そうめん」
当院でも患者さんに季節を感じてもらえるよう行事食を準備しました

メニューは・・・
 七夕そうめん
 いなり寿司
 豚の角煮
 お星様ゼリー

DSC_0200
患者様からは「季節感があって美味しかったです」と好評でした
喉ごしがよく食べやすいそうめんは、食欲が減退する季節にぴったりですね

これからが夏本番
栄養のあるものをしっかり食べて、暑い夏を乗り切りましょう

3月栄養教室

3月22日(火)城西地域コミュニティーセンターにて、栄養教室開催しました。
外来通院中・入院中の患者様、及びそのご家族の方が対象で、7名の方が参加されました。

まずは講義
「糖尿病は認知症になりやすい?」内容で講義を行いました

続いて調理です
【食事療法の目的】
 旬の食材で、美味しく・楽しい食事療法を継続する。
 
本日のメニューは・・・
 手まり寿司
 菜の花和え物
 筍の清汁
 いちご

P1010543
みんなで協力して調理を進めます

P1010544
盛り付けにも力が入ります

P1010545
かわいい手まり寿司が完成しました
食べるのがもったいないと話しながらもみんなで美味しくいただきました

参加者の方のからは・・・
 ・お内裏様とお雛様作成に時間がかかったけど、
    可愛く、美味しいメニューで食事療法が楽しくなりました。
 ・食事療法は、食事制限(食べれない)のイメージが強いですが、
    この様なメニューだと食事療法が楽しいです。
などのコメントをいただきました

最後に本日のレシピをご紹介します

【手まり寿司】 
 材料:米飯150g、食酢7g、マービー6g、焼きのり1/4枚、卵シート1/4、 
     えび2尾、あなご1尾、生麩2個、ゆかり0.3g、食塩0.4g、
     うずらの卵2個、黒ごま4粒
  ① お内裏様・お雛様は、ご飯60gにゆかり0.3gを混ぜる。
  ② 食酢7gとマービー6gを沸騰させ混ぜながら溶かす。
  ③ ②を残りごはん90gに混ぜる。
  ④ お内裏様は焼き海苔・お雛様は、卵シートで着物をきせる。
  ⑤ ④にうずらの卵で顔、黒ごまで目を作る。
     焼き海苔でお内裏様の烏帽子・お雛様の髪を作る。
  ⑥ ③のごはんを3個一口大にまとめ、えび・あなごトッピングしたら出来上がり。 

【菜の花和え物】
 材料:菜の花50g、人参10g、薄口2g、みりん1g
  ① 菜の花は、3cm程にカットと人参は千切りにカットし、さっとゆで水分をしぼる。
  ② ①に調味料を混ぜたら出来上がり

【筍の清汁
 材料:筍20g、カットワカメ0.2g、薄口1.5g、だし汁120cc
  ① 筍は、丹ざくにカットし洗う。
  ② だし汁を沸騰させ具・調味料を入れ、味を整えたら出来上がり。
 
【総カロリー】(いちご含む)
  471Kcal、蛋白質22.3g、塩分3g

ぜひ、お試しください




QRコード
QRコード